コロナ禍で増える「テキパキ買い」。実は節約上手への一歩だった!

LIMO / 2020年10月19日 0時25分

写真

コロナ禍で増える「テキパキ買い」。実は節約上手への一歩だった!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の前後、私たちの日頃の行動スタイルは大きく変化しました。買い物に行くときも、三密を避け、店内にいる時間をできるだけ短くするように工夫している、という人は多いでしょう。

それ、時間の短縮だけではなく、実は節約にもつながっているって、気がついてましたか?

買い物は「早く」「少なく」「予定したものだけ」に。

株式会社ONE COMPATHが運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」がおこなった「買い物に関する意識調査(https://onecompath.com/wp-content/uploads/2020/09/ToppanPRT_20200917_%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9%E7%A4%BE%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E8%AA%BF%E6%9F%BB_FIX.pdf)」によると、COVID-19の影響で、買い物は「テキパキ買い」に変化してきていることがわかりました。

1つは、買い物の頻度。「ほぼ毎日」という人は、コロナ前に比べて半減しました。それに対し、「週に1回程度」という人は9.4%増。買い物の頻度は減ってきているということがわかります。

2つ目は、買い物をする時間。「30分以上」(「30分~1 時間未満」「1~2時間未満」「2時間以上」を合算)という人の割合が3分の2になったのに対し、「20 分未満」という人の割合は1.5倍に。中には、「頻度が減ったため1回の買い物時間は増えた」という人もいますが、全体的にみると滞在時間は減っているようです。

そして3つ目は、買い物の計画性。「予定していたものだけを購入」という人は、コロナ前の約2倍に急増しました。その代わり、「8 割は予定せず、店頭で判断したものを購入」という人は半減。コロナ前よりも計画的に買い物をする人が増えたようです。

テキパキ買いは節約につながる!?

COVID-19の感染リスクを抑えるためにおこなっているテキパキ買い。実はこれ、節約にもつながっています。

時間と頻度を減らし、必要なものだけを買うようにすれば、それだけ無駄遣いを避けることが可能。もし余計なものを買ったとしても、買い物の頻度が少なければ必然的にその金額も減ってくるでしょう。

コロナの影響で、収入が減少したり仕事がなくなったりして、家計への影響も大きい中、少しでも出費を減らしたい。テキパキ買いはそんな希望を無理なく叶えてくれる買い物方法なのです。

さらに買い物上手になるためのコツ

節約できる買い物方法にシフトできているのであれば、その効果をさらに高めましょう。今回は、生活に欠かせない「食料品」と、無駄遣いしがちな「衣料品」にわけて、賢い買い物のコツを紹介します。

食料品

セールの時は、大量買いしてストックすることもあるでしょう。もちろん、これも賢い買い物ではありますが、過剰なストックは逆効果。

消費期限を切らしてしまったりして、結果的に無駄になってしまうことがあるからです。「ストックは3つまで」などと、自分の中で上限を決めおくと、フードロスも出ず、お得な買い物となるでしょう。

また、食費は他の生活費と別に管理するという方法をとってみることも効果的。あらかじめ月の食費を決めておき、別の財布などに入れておきます。食料品を買う時はここから使うようにすれば、計画的に買い物ができるだけでなく、使い過ぎを防ぐことも可能。買い物の予定も立てやすくなります。

衣料品

新しいもの、流行りのものは目を引きます。魅力的でつい買いたくなってしまう、という人も多いでしょう。でも、これも注意が必要です。

一目ぼれして買ったものは、長く使えない可能性があります。もし、店頭で気に入った服やバッグがあれば、いったん売り場から離れてみましょう。

「家に帰ってみたら似たような服があった」「一晩寝たら、それほど欲しくはなくなった」ということもあります。「クールダウンしたあとでも欲しいかどうか」という点を基準に考えてみるとよいかもしれませんね。

そして、衣服を購入するのは衣替えの後がおすすめです!「足りないもの」「すでに持っているアイテム」を把握してから買い物に行くことができるからです。似たようなデザイン・色合いのものを持っていないか、手持ちの服に合うかどうか、といった点から選ぶことができますよね。

さいごに

コロナ禍で意識が変わっている今こそ、気持ちを節約モードに切り替える絶好のチャンス!「テキパキ買い」を通じて身につけた計画性で、時間とお金、両方の無駄づかいを減らしていきましょう。「お金が貯まる体質」を目指すには効果的です。

【参考】
「電子チラシサービス『Shufoo!』、全国 5 万人の消費者に買い物の意識調査 買い物の頻度・時間が減少、計画性が増加 “テキパキ買い”傾向買い物に関する意識調査(https://onecompath.com/wp-content/uploads/2020/09/ToppanPRT_20200917_%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9%E7%A4%BE%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E8%AA%BF%E6%9F%BB_FIX.pdf)」凸版印刷株式会社・株式会社 ONE COMPATH

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング