1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「ワークマンで買って1番便利だった!」車グッズ『2WAYライト』

LIMO / 2021年4月2日 19時45分

写真

「ワークマンで買って1番便利だった!」車グッズ『2WAYライト』

かつては作業着の専門店として職人さんたちの間で重宝されていたワークマン。近頃はその機能性の高さやコスパの良さに注目が集まり、アウトドアやスポーツを楽しむ一般の人たちからも人気のお店となっています。男性用のアイテムだけでなく、女性が活用できるアイテムも増えてきたため、それらを上手に活用する「ワークマン女子」が現れるほど。

ワークマンでは、お仕事に使用するグッズ以外にも、アウトドアや趣味などで幅広く使用できるアイテムを取り扱っています。今回ご紹介する「LEDハンディワークライト」は、暗い車内や屋外で手軽に明かりを灯せる優秀なアイテムです。便利な2WAYライトとマグネットやフック付きで工夫されたボディが、行動派の方たちから注目を浴びているようです。

***********************

株式会社ワークマンは、群馬県伊勢崎市に本社を置く現場作業着や工場向けの作業着などを主に扱う会社です。また、ベイシアグループの一員でもあります。2021年1月末時点で全国に902店舗(ワークマンプラス 269 店舗・#ワーク マン女子1店舗)のお店を展開しています。

ワークマン「月次報告2021年3月期 2020年4月~2021年3月(第40期)(https://www.workman.co.jp/ir%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%9C%88%E6%AC%A1%E5%A0%B1%E5%91%8A)」によりますと、チェーン全店売上高は前年同月比 117.7%(既存店売上高前年同期比 110.4%)、通期累計の売上高は121.6%ととても好調のようです。今期は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて減収の企業も多い中、ワークマンは順調に推移しているといえるのではないでしょうか。

フックとマグネットで使い道が広がる!「LEDハンディワークライト」

 

夜の車内は灯りが限られてしまうため、ちょっとした作業や探し物が不便だったりします。スマートフォンの灯りなどもありますが、長時間使うのは実用的ではありません。そんなときのために一つ持っておきたいのがこちらの「LEDハンディワークライト」です。

こちらのライトはエリアライトと懐中電灯が2WAYタイプになっており、用途によってピンポイントで照らしたり全体を明るくすることができます。

また、360度可動してくれるフック付きなので、アウトドアなどの際も活躍してくれます。マグネット部分を活用すれば、自動車のボディなどにもくっつけて使用することも。灯り部分は180度稼働するので、自分が照らしたい場所をピンポイントに照らすことができストレスも軽減しますね。

全光束はエリアライト110ルーメン、懐中電灯20ルーメンとなっていて、連続点灯は約6時間です。別売りの単三電池3本を使用します。

・使用電球:白色LED(交換不可)
・全光束:最大約110lm(エリアライト)、20lm(懐中電灯)
※電池が消耗するにつれ明るさも低下します。
・サイズ:約幅60㎜×奥行35㎜×高さ220㎜(フック含まず)
・重さ:約130g(電池含まず)
・電池寿命(目安値):エリアライト(連続約6時間)、懐中電灯(連続約6時間)
※新品アルカリ乾電池使用した場合
・価格:998円(税込)
・作業灯に便利なライトです。
・好きな方向に明るく照らす可動式
・設置方法が選べるマグネット、360度回転式フック付
・エリアライトと懐中電灯の2WAY仕様

【LEDハンディワークライト】998円(税込)

ワークマン「LEDハンディワークライト」6つのおすすめポイント

1. 2WAYタイプなので、使いたい範囲でライトを使い分けられる
2. 360度フックで可動域が広い
3. マグネット付きなので好きな場所に張り付けられる
4. 180度稼働できる灯り
5. 連続点灯約6時間なので、夜間の作業にも最適
6. 車の車内を照らしたり、フックやマグネットで便利に利用できる

口コミ

・「マグネットで車に貼り付けできるので便利です」
・「自宅物置の夜間照明用に2台購入しました。購入して2週間以上になりますが、十分使用に耐えています。スイッチ類のチープ感もないと思っています。おすすめできる良品です」
・「これはコスパよいし、明るいです。キャンプなどにも最適じゃないかな」

使用してみて

「今まで自宅に懐中電灯はあったものの、こんなに角度が自由自在になるものは常備していませんでした。置き型・フックに吊り下げ型・マグネットで貼り付け型。照らしたい場所に合わせて使用できるのでかなり重宝しています。また、ピンポイントで照らしたいときにも役立ってくれました。夕方や夜間、屋外で作業をしたいときなどもこれなら一人でスムーズに行えると思います」

現場を知っているからできる工夫

職人さんの必要なアイテムを数多くそろえるワークマン。そのため、作業に必要な便利アイテムが多数並んでいます。

今回ご紹介した「LEDハンディワークライト」も、屋外で作業する際や車内で困ったときにもきっと役になってくれるはず。防災アイテムとしてご家庭に常備しておいてもよさそうですね。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

参考資料

ワークマン「公式ホームページ(https://www.workman.co.jp/)」「月次報告2021年3月期 2020年4月~2021年3月(第40期)(https://www.workman.co.jp/ir%E6%83%85%E5%A0%B1/%E6%9C%88%E6%AC%A1%E5%A0%B1%E5%91%8A)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング