1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ベランダ栽培OK!冬越しできるハーブおすすめ5選、寒さ対策も伝授

LIMO / 2021年11月11日 9時15分

写真

ベランダ栽培OK!冬越しできるハーブおすすめ5選、寒さ対策も伝授

ハーブは生命力にあふれ、丈夫で育てやすい植物。環境が合えばどんどん大きくなるので、育てて楽しい植物でもあります。

ハーブの種類はとても多く、一年草、多年草、木本類などに分類されます。このうち多年草で耐寒性があるもの、木本類は冬越しが可能です。

冬になると地上部は枯れる場合もありますが、実は根は生きています。毎年芽吹くのを心待ちにして育てるのも、楽しみ方のひとつといえるでしょう。

本日は、ハーブの寒さ対策と冬越しができるおすすめハーブ5つを紹介します。冬でも育てられるなら、ベランダでも栽培可能。さっそくみていきましょう。

ベランダで育てるハーブの寒さ対策

ハーブは基本的に丈夫な性質。環境が合えば、ぐんぐん生長します。

多年草のハーブは基本的に冬越しが可能ですが、寒くなると生長のスピードが遅くなり、地上部が枯れてしまう場合もあります。

枯れてしまっても根が生きている場合もありますので、春になるまで気長に見守りましょう。

ただし、寒い朝に霜が降りるような地域は注意が必要です。何度も霜がおりてしまうと根が枯れる原因になります。

このようなことにならないよう、寒さ対策をしてあげるといいですね。ベランダで育てていても、鉢植えだと防寒の対策もしやすくオススメです。

冷え込みが一段と厳しい時期は室内にも入れることもできます。

防寒対策は下記の4つが一般的です。

マルチング

株元や土の上に藁やココヤシを敷いたり、バークチップで株元を覆う方法です。円形の専用マットも販売されています。育てるハーブにより適したものを選びましょう。

二重鉢(鉢カバー)

ハーブを植えてある鉢を、さらにひと回り大きな鉢にそのまま入れることです。このようにすることで保温効果が高まります。隙間にプチプチなどの緩衝材を入れると、さらに保温効果がアップします。

鉢を覆う

二重鉢にも似ていますが、鉢に古くなったバスタオルやフリース素材の布などを直接巻きつける方法です。見た目はあまりよくないのですが、保温効果があります。

ビニールなどで全体を覆う

支柱を立てて、ビニールや不織布なので覆う本格的な方法です。資材が販売されていますが、不織布が手に入れば手作りできます。

ビニールは熱がこもりやすいので、晴れた日は温室のようになってしまいます。急激な温度変化はハーブにとってもストレスです。このような場合は取り外しましょう。

冬越しできるハーブ!おすすめ5選

寒さに強く冬越しできる、おすすめハーブを5つ紹介します。

ミント

(/mwimgs/0/f/-/img_0f3ce062a2aae84c509f8a245d0260ff1080358.jpg)

拡大する(/mwimgs/0/f/-/img_0f3ce062a2aae84c509f8a245d0260ff1080358.jpg)

ミント(stranger.studio/Shutterstock.com)

シソ科

多年草

草丈:20~90センチ

品種:スペアミント、クールミント、パイナップルミント、アップルミントなど

参考価格:200円前後(ポット苗)

ペパーミントは古くから薬用、料理として用いられたハーブ。品種が多く、葉の形や香りも異なります。数種類を合わせて育てると、見ためもキレイ。観葉植物として育てることもできます。

生育が旺盛で比較的育てやすいのが特徴。プランターや鉢でもよく育ち半日陰でも大丈夫です。寒さにも強い性質ですが、室内なら基本的に一年を通して葉の収穫が可能です。

外に置いておくと地上部だけ枯れる場合がありますが、根は生きています。枯れてはいないので、土が乾燥していたら水をあげましょう。

地上部が枯れている、もしくは葉の量が少ない場合は水やりは少なめで大丈夫です。頻回の水やりは根腐れの原因になります。

春になると再び芽吹き、緑色のキレイな葉がこんもりと茂るようになります。

レモンバーム

(/mwimgs/c/f/-/img_cfcbf34fbbd49abe406a62bb5cb670f9977158.jpg)

拡大する(/mwimgs/c/f/-/img_cfcbf34fbbd49abe406a62bb5cb670f9977158.jpg)

レモンバーム(Julia Tsokur/Shutterstock.com)

シソ科

多年草

草丈:20~70センチ

参考価格:200円前後(ポット苗)

レモンを思わせるさわやかな香りがするレモンバーム。初夏に白い小さな花が咲く、なんとも可愛らしいハーブです。

生育が旺盛で強健。手間もほとんどかからないでしょう。ポットから植え替えて、環境が合うと早々と大きくなります。株の内部の葉が混み合うと、病気の原因にもなるので収穫も兼ねて早めに摘み取りましょう。

気温が下ってくると、葉を落として枯れ始める場合もあります。根は生きているので、春まで様子を見ましょう。

生長が著しく株の姿が乱れてしまった場合は、初冬に短く切ってしまっても問題ありません。

春になると新芽が出てきて株の姿がキレイに整います。

肥料は春先に元肥を与え、生長期に追肥しましょう。こうすればしっかりとした葉が収穫できます。

オレガノ

(/mwimgs/a/5/-/img_a570191f7acdd07e515d01be1be1941a999219.jpg)

拡大する(/mwimgs/a/5/-/img_a570191f7acdd07e515d01be1be1941a999219.jpg)

オレガノ(Stocksnapper/Shutterstock.com)

シソ科

多年草

草丈:20~90センチ

参考価格:200円前後(ポット苗)

オレガノも品種が多いハーブのひとつ。ワイルドマジョラムというハーブが一般的にオレガノと呼ばれています。スパイシーな香りが特徴です。

他にも甘い香りのスイートマジョラム、強い香りのグリークオレガノ、シリアンオレガノなどがあります。花がキレイな観賞用のオレガノもあります。

古くから栽培されているため、生命力が強く育てやすいのが特徴。陽当たり、風通しのよいところで育てましょう。水やりは土が乾燥したらたっぷりあげます。

生育場所が合えば、どんどん大きくなります。そのため、数年に一度は株分けをしましょう。

乾燥するとハダニがつきやすくなります。見つけたら、シャワーの水流などで洗い流しましょう。

フェンネル

(/mwimgs/3/d/-/img_3d56fe15bc14d8e446f7c6e2b479132c973578.jpg)

拡大する(/mwimgs/3/d/-/img_3d56fe15bc14d8e446f7c6e2b479132c973578.jpg)

左がフェンネル、右はローズマリー(Nicoletta Fornaro/Shutterstock.com)

セリ科

多年草

草丈:100~200センチ

参考価格:200円前後(ポット苗)

よく出回っているのはスイートフェンネルという品種で、和名は「ウイキョウ」といいます。

寒さに強いハーブで強健です。生育条件が整えば、葉は一年を通して収穫が可能。草丈が大きくなるので、ベランダなど、ある程度スペースが確保できるところで育てましょう。

日あたり、風通しのよいところを好みます。冬は地上部が枯れる可能性がありますが、5度以上であれば越冬できます。寒さ対策などをして、冬越しを手伝ってあげましょう。

水やりは土が乾いたらたっぷりとあげます。背が高いので、水切れをおこすと茎が折れる場合があります。そのまま枯れてしまう場合もあるので、注意しましょう。

アブラムシやカメムシなどがつくことがあるので、見つけたら捕殺します。

ワイルドストロベリー

(/mwimgs/7/7/-/img_77e727a27269d3d9a78bcedceba517811281043.jpg)

拡大する(/mwimgs/7/7/-/img_77e727a27269d3d9a78bcedceba517811281043.jpg)

ワイルドストロベリー(MarinaGreen /Shutterstock.com)

バラ科

多年草

草丈:10~30センチ

参考価格:200円前後(ポット苗)

小さな可愛らしい赤い実がなるワイルドストロベリー。暖地であれば冬の寒さにも負けない丈夫さで、生育が旺盛。ほぼ一年を通じて生育が可能です。

乾燥を嫌うので、土が乾いたらたっぷりと水をあげます。基本的には風通しのよい日なたで育てましょう。

長く栽培すると株が老化して実をつけにくくなります。通常のイチゴと同じようにランナーが伸びて子株ができるので、この子株をうまく育てれば、収穫を長く楽しむことができます。

アブラムシがつきやすいので観察は怠らないようにしましょう。野菜用の農薬で駆除もできますが、食用にする予定の人で農薬が気になる人はセロテープでこまめにとるのもひとつの方法です。

まとめにかえて

秋冬は育てられる野菜も少なくなりがちです。ハーブは一年中楽しめるものが多く、収穫も楽しめますし、何よりもベランダに置いたハーブが窓から見える景色もステキです。

今の時期は摘み取ってハーブバスや長めに切ってクリスマス用のスワッグにしてもオススメ。

いろいろな楽しみ方ができるのがハーブのおもしろいところです。ぜひ育ててみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください