近くて遠い109円 豪ドル/円、ポンド/円、そしてリラ/円上値と下値のメドを確認

トウシル / 2019年6月12日 9時41分

写真

近くて遠い109円 豪ドル/円、ポンド/円、そしてリラ/円上値と下値のメドを確認

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは109.22

下値メドは107.85

今朝の天気マークは「くもり」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

109円攻略には
新しい材料が必要か​

 火曜日(11日)のドル/円は108.80円まで今月の高値を更新しました。しかしその後は108.40円近辺まで下落。108.20円よりドル高にいるなら目線は上ですが、109円攻略には新しい材料が必要か。

 今夜の注目指標は米国の5月米消費者物価指数。前月比0.1%(前回0.3%)、前年同期比1.9%(前回2.0%)とペースダウンの予想。「FRB(米連邦準備制度理事会)利下げ」が重要テーマになるなかでインフレ指標は注目です。

 トランプ米大統領が、為替水準に関して「ユーロがドルに対して安くなっているせいで、米国は大きな不利益を被っている」と発言。ユーロ/ドルに対する影響は限定的でしたが、ドル/円に飛び火する可能性もあり。茂木経済財政相とライトハイザーUSTR (米通商代表部)代表は現地時間13日午後に通商会合を行う予定です。

 今夜はトルコの政策金利発表があります。リラ/円の今週の上値と下値のメドについては、「今日の注目通貨」をご覧ください。

 また明日は豪の5月雇用統計。RBA(豪準備銀行)は今月、約3年ぶりとなる利下げを実施しました。インフレ促進と雇用拡大のために利下げしたので、今回の雇用統計が良くなければ「8月再利下げ」の確率が高まることになります。豪ドル/円の今週の上値と下値のメドについては、「今日の注目通貨」をご覧ください。

 英国経済は急速に悪化しています。今週発表された製造業生産は前月比▲3.9%。自動車工場の閉鎖で、乗用車生産が前月比▲24%と大幅に落ち込んだことが理由。ブレグジットのごたごたで対英投資が減少していることが背景。英保守党の党首選挙にも影響がでるかもしれません。ポンド/円の今週の上値と下値のメドについては、「今日の注目通貨」をご覧ください。

毎ヨミ!FXトップニュース(6月11日)

11日ドル/円のNY市場の終値は108.52円

 10日の終値に比べ0.06円のドル高/円安だったので、今朝の天気マークは「くもり」です。

各国・各通貨トピックス

ドル:
    トランプ大統領「米国の政策金利は高過ぎる」
    トランプ大統領「ユーロ安のせいで、米国は大きな不利益を被っている」
    クドロー米国家経済会議委員長「トランプ大統領はドル下落を呼び掛けていない」
    トランプ大統領「G20で中国が会談に応じなければ、25%よりはるかに高い関税」
    トランプ大統領、北朝鮮から書簡受け取る

円:
    13日午後(米国時間)に日米通商交渉
    老後資金2,000万円、自民党が金融庁に対し報告書の撤回要求
    老後資金2,000万円、麻生大臣の飲み代は年間2,019万円

ユーロ:
    レーン・フィンランド中銀総裁「必要ならば利下げや量的緩和を再開する」
    ユンケル欧州委員長「イタリアは過剰な財政赤字でリスクを冒している」

ポンド:
    英国の経済指標が大幅に悪化。乗用車生産が前月比24%下落。1995年以来
    ハモンド英財務相「ブレグジットを国民に再び問うべき」
    次期首相候補ゴーブ氏「英国は総選挙前にEU離脱する必要」
    次期首相候補ゴーブ氏、20年前のコカイン使用認める

トルコリラ:
    トルコがロシアからミサイル購入を実施? 見送り? 情報飛び交う
    格付け会社S&P「トルコの経済改革案ではリラの信頼回復ならない」

その他:
    米でレーダーに巨大な影。正体は数百万のテントウムシの飛行移動
    アマゾンジャパン、リアル販売を強化

主要指標終値

出所:楽天証券作成

本日の注目通貨

豪ドル/円:今週のレンジ予想:74.23円から77.04円

今週のピボットは75.53円。今年の高値と安値の半値は75.99円。

第3レジスタンス:77.04円
第2レジスタンス:76.47円
第1レジスタンス:76.10円
ウィークリー・ピボット:75.53円
第1サポート:75.17円
第2サポート:74.60円
第3サポート:74.23円

6月のこれまでの高値は75.97円、安値は74.97円。
高値と安値の半値(50%)は75.47円。

先週の終値はその前の週に比べ0.63円の豪ドル高/円安。
先週の値幅は0.94円。
1日の平均値動きは0.50円。

2019年のこれまでの高値は80.72円、安値は71.26円。
高値と安値の半値(50%)は75.99円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ポンド/円:今週のレンジ予想:135.27円から140.07円

今週のピボットは137.52円。今年の高値と安値の半値は139.63円

第3レジスタンス:140.07円
第2レジスタンス:139.12円
第1レジスタンス:138.47円
ウィークリー・ピボット:137.52円
第1サポート:136.87円
第2サポート:135.91円
第3サポート:135.27円

6月のこれまでの高値は138.32円、安値は136.56円。
高値と安値の半値(50%)は137.44円。

先週の終値はその前の週に比べ1.04円のポンド高/円安。
先週の値幅は1.60円。
1日の平均値動きは0.70円。

2019年のこれまでの高値は148.88円、安値は130.38円。
高値と安値の半値(50%)は139.63円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トルコリラ/円:今週のレンジ予想:17.45円から19.69円

今週のピボットは18.63円。今年の高値と安値の半値は19.31円

第3レジスタンス:19.69円
第2レジスタンス:19.38円
第1レジスタンス:18.95円
ウィークリー・ピボット:18.63円
第1サポート:18.20円
第2サポート:17.89円
第3サポート:17.45円

6月のこれまでの高値は19.07円、安値は18.32円。
高値と安値の半値(50%)は18.70円。

先週の終値はその前の週に比べ0.06円のトルコリラ高/円安。
先週の値幅は0.75円。
1日の平均値動きは0.34円。

2019年のこれまでの高値は21.15円、安値は17.48円。
高値と安値の半値(50%)は19.31円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

12日:中国CPI(消費者物価指数)、トルコ政策金利、米消費者物価指数、ドラギ総裁発言など

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング