今週のドル/円は105円? それとも109円?G20を前に今週の上値と下値のメドを確認!

トウシル / 2019年6月25日 9時37分

写真

今週のドル/円は105円? それとも109円?G20を前に今週の上値と下値のメドを確認!<br />

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは107.76

下値メドは106.89

今朝の天気マークは「くもり」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

真夜中に注意

 週明け24日のドル/円は107円台前半で横ばい。高値は107.54円まで。5営業日連続で高値が切り下がっている状況で上値は重くなっています。NY時間終盤につけた107.24円が安値で106円台は回避。

 ユーロ/ドルは強く、3月下旬以来となる1.14ドル台まで上昇。「ユーロ安なくしてインフレなし」だと、ドラギ総裁がせっかく利下げや量的緩和再開を含む緩和姿勢を打ち出したのに、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の前で霞んでしまいました。

 FRBは7月FOMC(米連邦公開市場委員会)で利下げすると考えられています。もはや、する、しないの段階は通り越し、どれだけ下げるかという議論になっているようです。パウエルFRB議長は50ベーシスポイントの可能性も否定していません。25ベーシスポイントだと、逆にマーケットの失望を招くリスクもあります。今夜(東京時間明日午前2時)、パウエルFRB議長のスピーチが予定されています。

毎ヨミ!FXトップニュース(6月24日)

24日ドル/円のNY市場の終値は107.30円

 21日の終値に比べ0.04円のドル安/円高だったので、今朝の天気マークは「くもり」です。

各国・各通貨トピックス

ドル:
    トランプ政権、イランのハメネイ師を制裁対象に 
    トランプ米大統領「FRBが正しく行動していれば、株は数千ポイント高くなっていた」
    トランプ大統領「(パウエル議長を降格させる)権利を持っている」
    パウエルFRB議長の後任は、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁か
    FOMC、7月利下げは25bpか50bpか。25bpなら失望招くおそれ

円:
    内閣不信任案、25日提出へ
    みずほフィナンシャルグループが「社員の副業」認める方針

ポンド:
    ボリス・ジョンソン氏、真夜中に愛人と口喧嘩で通報される
    ボリス・ジョンソン氏「合意なき離脱でもEU(欧州連合)との関係は変わらない」
    カーニー総裁、ジョンソン氏を批判「合意なき離脱でEU関係は全く変わる」
    ユンケル欧州委員長「英EU離脱の再交渉には応じない」

中国人民元:
    中国は、米国が全ての追加関税を撤廃しなければ、交渉合意しない
    中国人民銀行「元ショート(売り持ち)取引は大損するだろう」
    人民銀行総裁 1ドル=7.00元を超える元安を許容か

南アランド: 
    ラマポーザ大統領に不正献金の疑い
    南ア政府の電力会社エスコム救済は、南アの格付けに悪影響
    南ア準備銀行総裁「今後一年以内に利下げも」

その他:
    2026年冬季五輪、ミラノで開催が決定 
    アディダスの3本線ロゴ、商標権無効に。EU裁判所「普通の図形」

主要指標終値

出所:楽天証券が作成

本日の注目通貨

ドル/円:今週のレンジ予想:105.01円から110.03円

今週のピボットは107.70円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

第3レジスタンス:110.03円
第2レジスタンス:109.38円
第1レジスタンス:108.36円
ウィークリー・ピボット:107.70円
第1サポート:106.68円
第2サポート:106.03円
第3サポート:105.01円

6月のこれまでの高値は108.80円、安値は107.05円。
高値と安値の半値(50%)は107.92円。

先週の終値はその前の週に比べ1.21円のドル安/円高。
先週の値幅は1.67円。
1日の平均値動きは0.55円。

2019年のこれまでの高値は112.40円、安値は104.01円。
半値レベルは108.20円。

ユーロ/ドル:今週のレンジ予想:1.1044ドルから1.1634ドル

今週のピボットは1.1309ドル。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

第3レジスタンス:1.1634ドル
第2レジスタンス:1.1506ドル
第1レジスタンス:1.1437ドル
ウィークリー・ピボット:1.1309ドル
第1サポート:1.1241ドル
第2サポート:1.1113ドル
第3サポート:1.1044ドル

6月のこれまでの高値は1.1404ドル、安値は1.1160ドル。
高値と安値の半値(50%)は1.1282ドル。

先週の終値はその前の週に比べ158ポイントのユーロ高/ドル安。
先週の値幅は197ポイント。
1日の平均値動きは71ポイント。

2019年のこれまでの高値は1.1570ドル、安値は1.1107ドル。
半値レベルは1.1338ドル。

ユーロ/円:今週のレンジ予想:120.11円から123.62円

今週のピボットは121.70円、今年の高値と安値の50%は122.35円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

第3レジスタンス:123.62円
第2レジスタンス:122.87円
第1レジスタンス:122.45円
ウィークリー・ピボット:121.70円
第1サポート:121.28円
第2サポート:120.53円
第3サポート:120.11円

6月のこれまでの高値は123.14円、安値は120.78円。
高値と安値の半値(50%)は121.96円。

先週の終値はその前の週に比べ0.34円のユーロ高/円安。
先週の値幅は1.17円。
1日の平均値動きは0.68円。

2019年のこれまでの高値は127.50円、安値は117.20円。
半値レベルは122.35円。

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

25日:パウエルFRB議長 発言、米新築住宅販売、米消費者信頼感指数 など

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング