ドルキャリー再開でドル/円は109円台か?パウエル議長の重要発言を前に、今週の上下のレベルをチェック!

トウシル / 2019年7月9日 9時7分

写真

ドルキャリー再開でドル/円は109円台か?パウエル議長の重要発言を前に、今週の上下のレベルをチェック!

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは109.46

下値メドは107.88

今朝の天気マークは「晴れ」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

ドル押し目買い​

 米雇用統計後からドル買い優勢となったマーケットで、先週金曜日のドル/円は108円台に復帰。週明け8日もこの流れは続き、いったん108.28円まで押される場面はあったものの、NY時間の午後には約1カ月ぶりの高値となる108.80円をつけました。この水準から109円までは強い抵抗ゾーン。ピボットによると、第1レジスタンスは108.90円です。抜けたら109円台をチャレンジする相場になるでしょう。今週のピボットは「今日の注目通貨」をご覧ください。

 6月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が大幅増加する強い結果で、FRB(米連邦準備制度理事会)の大幅切り下げリスクは後退。金利差と夏休みの静かな相場を期待してドルのキャリートレードが再開しているようです。押し目買いでドル/円の下値は堅そうです。

 ドル高の流れでユーロ/ドルも上値が重く、海外時間に1.1207ドルまで下落。1週間前には1.14ドル台を目指そうかという勢いだったのに、早くも流れが反転です。

 IMMのポジション残高を見ると、ユーロの売り持ちは6月からほぼ半減。ドルの買い持ちのポジションが軽くなったということで、つまりドル買いの余地も出てきたということになります。今月末のFRB利下げは確実としても、切り下げ幅は(50bpではなく)25bpに収まりそうだという安心感で、ユーロ売り(ドル買い)再構築の動きが強まっている様子。ユーロ安にしたいドラギ総裁はひそかに喜んでいるでしょう。

 今週の重要イベントは10日(水曜日)のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録とパウエルFRB議長の議会証言。

毎ヨミ!FXトップニュース(7月8日)

8日 ドル/円のNY市場の終値は108.73円

 5日の終値に比べ0.25円のドル高/円安だったので、今朝の天気マークは「晴れ」です。

各国・各通貨トピックス

ドル
    トランプ米大統領、イランに「脅しには注意しろ」
    トランプ大統領「FRBは利下げするだろう」
    ナバロ大統領補佐官「中国との通商協議は時間がかかる」
    雇用統計前まで、マクロトレーダーの多くが「50bp利下げ」を予想していた

円:
    日銀景気判断、全国据え置き
    日銀総裁「少なくとも2020年春頃まで極めて低い金利を維持」

ユーロ:
    ドイツ銀行、1万8,000人リストラ
    ギリシャ総選挙で、急進左派連合のツィプラス首相が敗北。約4年ぶり政権交代

その他:
    英の公的機関が「宇宙人がコンタクトしてきた場合の対応」で世論調査
    フランスで老夫婦が雄鶏と飼い主を訴える。睡眠妨害と主張
    英国でポテトの量が少ないと客が警察に通報

主要指標終値

出所:楽天証券が作成

本日の注目通貨

ドル/円:今週のレンジ予想:106.70円から110.01円 

今週のピボットは108.22円。
2019年の高値と安値の半値(50%)は108.20円。

第3レジスタンス:110.01円
第2レジスタンス:109.32円
第1レジスタンス:108.90円
ウィークリー・ピボット:108.22円
第1サポート:107.80円
第2サポート:107.11円
第3サポート:106.70円

7月のこれまでの高値は108.64円、安値は107.53円。
高値と安値の半値(50%)は108.08円。

先週の終値はその前の週に比べ0.56円のドル高/円安。
先週の値幅は1.10円。
1日の平均値動きは0.51円。

2019年のこれまでの高値は112.40円、安値は104.01円。
半値レベルは108.20円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ユーロ/ドル:今週のレンジ予想:1.1001ドルから1.1493ドル

今週のピボットは1.1268ドル。
2019年の高値と安値の半値(50%)は1.1338ドル。

第3レジスタンス:1.1493ドル
第2レジスタンス:1.1432ドル
第1レジスタンス:1.1329ドル
ウィークリー・ピボット:1.1268ドル
第1サポート:1.1165ドル
第2サポート:1.1104ドル
第3サポート:1.1001ドル

7月のこれまでの高値は1.1371ドル、安値は1.1207ドル。
高値と安値の半値(50%)は1.1289ドル。

先週の終値はその前の週に比べ144ポイントのユーロ安/ドル高。
先週の値幅は164ポイント。
1日の平均値動きは56ポイント。

2019年のこれまでの高値は1.1570ドル、安値は1.1107ドル。
半値レベルは1.1338ドル。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ユーロ/円:今週のレンジ予想:118.92円から125.02円

今週のピボットは122.15円。
2019年の高値と安値の半値(50%)は122.35円。

第3レジスタンス:125.02円
第2レジスタンス:124.19円
第1レジスタンス:122.99円
ウィークリー・ピボット:122.15円
第1サポート:120.95円
第2サポート:120.12円
第3サポート:118.92円

7月のこれまでの高値は123.35円、安値は121.32円。
高値と安値の半値(50%)は122.34円。

先週の終値はその前の週に比べ0.92円のユーロ安/円高。
先週の値幅は2.04円。
1日の平均値動きは0.66円。

2019年のこれまでの高値は127.50円、安値は117.20円。
半値レベルは122.35円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

9日:パウエルFRB議長発言、メキシコCPI など

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング