米中貿易戦争、早くも再燃?108円前半で重いドル/円の、今週の上下のメドはどこ?

トウシル / 2019年7月17日 9時13分

写真

米中貿易戦争、早くも再燃?108円前半で重いドル/円の、今週の上下のメドはどこ?<br />

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは109.05

下値メドは107.35

今朝の天気マークは「晴れ」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

G20からまだ3週間足らず、
トランプ米大統領は早くも中国への口撃を再開。

 米中貿易協議再開を約束したG20からまだ3週間も経っていないというのに、トランプ大統領は早くも中国に対する口撃を再開しました。

「(自分がやろうと思えば)追加関税を発動できる」、「中国の成長鈍化は、関税政策が効果を上げているということだ。※中国4-6月期GDP(国内総生産)は1992年以来最低」、「中国には失望した。約束した農産物を買っていない」などなど。

 米中貿易交渉が進展していないことへのトランプ大統領の不満の表れです。これらの発言がマーケットのセンチメントを傷つけ、ダウ平均株価は5日ぶりに反落しました。

 16日(火曜)のドル/円は、107.81円まで下げた後、米小売売上高が良かったことでNY時間は108.38円まで上昇。しかしトランプ発言で上値を抑えられ終値は108.26円でした。G20後のドル/円の高値は、108.99円。109円超えには、貿易問題に明るい材料が必要です。

 今週のドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円のサポートとレジスタンスは、「今日の注目通貨」をご覧ください。

毎ヨミ!FXトップニュース(7月16日)

16日ドル/円のNY市場の終値は108.26円

 15日の終値に比べ0.36円のドル高/円安だったので、今朝の天気マークは「晴れ」です。

各国・各通貨トピックス

ドル:
    トランプ大統領:非白人の女性議員に対し人種差別発言「国に帰ったらどうか、「中国の景気減速は対中関税の成果」、ロス商務長官を更迭か
    全米主要都市で不法移民約2,000人を一斉検挙

ポンド:
    ボリス・ジョンソン氏「私はトランプ大統領と親しい」
    メイ首相、トランプ大統領の人種差別発言を強く批判「全く容認できない」
    香港デモめぐる英国の発言「内政干渉」と中国が反発

中国人民元:
    政府主導の経済モデルを強化、米国の要求に逆らう

NZD:
        4-6月期CPI(消費者物価指数) 前期比+0.6%、前年比+1.7% 予想通り
        RBNZ(NZ準備銀行)の自己資本増強策で多くの国内銀行が資本不足になる可能性も
        RBNZ、今後は政策金利を8人からなる金融政策委員会で決定
        NZで改正武器法が成立。

その他:
    フランスで特殊部隊員11人が食事中のマックに強盗。犯人は銃で撃たれ逮捕
    全体の40%を超える昆虫種が絶滅の危機

主要指標終値

出所:楽天証券が作成

本日の注目通貨

ドル/円:今週のレンジ予想:106.28円から109.84円 

今週のピボットは108.23円。
2019年の高値と安値の半値(50%)は108.20円。

第3レジスタンス:109.84円
第2レジスタンス:109.41円
第1レジスタンス:108.65円
ウィークリー・ピボット:108.23円
第1サポート:107.47円
第2サポート:107.04円
第3サポート:106.28円

7月のこれまでの高値は108.99円、安値は107.53円。
高値と安値の半値(50%)は108.26円。

先週の終値はその前の週に比べ0.59円のドル安/円高。
先週の値幅は1.19円。
1日の平均値動きは0.55円。

2019年のこれまでの高値は112.40円、安値は104.01円。
半値レベルは108.20円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ユーロ/ドル:今週のレンジ予想:1.1121ドルから1.1399ドル

今週のピボットは1.1250ドル。
2019年の高値と安値の半値(50%)は1.1338ドル。

第3レジスタンス:1.1399ドル
第2レジスタンス:1.1342ドル
第1レジスタンス:1.1306ドル
ウィークリー・ピボット:1.1250ドル
第1サポート:1.1214ドル
第2サポート:1.1157ドル
第3サポート:1.1121ドル

7月のこれまでの高値は1.1371ドル、安値は1.1193ドル。
高値と安値の半値(50%)は1.1282ドル。

先週の終値はその前の週に比べ44ポイントのユーロ高/ドル安。
先週の値幅は92ポイント。
1日の平均値動きは47ポイント。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ユーロ/円:今週のレンジ予想:120.51円から122.91円

今週のピボットは121.81円。
2019年の高値と安値の半値(50%)は122.35円。

第3レジスタンス:122.91円
第2レジスタンス:122.61円
第1レジスタンス:122.11円
ウィークリー・ピボット:121.81円
第1サポート:121.31円
第2サポート:121.01円
第3サポート:120.51円

7月のこれまでの高値は123.35円、安値は121.10円。
高値と安値の半値(50%)は122.22円。

先週の終値はその前の週に比べ0.19円のユーロ安/円高。
先週の値幅は0.80円。
1日の平均値動きは0.52円。

2019年のこれまでの高値は127.50円、安値は117.20円。
半値レベルは122.35円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

17日:英CPI、欧HICP(EU基準消費者物価指数)、カナダCPIなど

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング