通貨安戦争発生?今週のクロス円の上下のメドはどこ?豪ドル/円、ポンド/円は今年の安値を更新!人民元にも注意

トウシル / 2019年8月7日 9時27分

写真

通貨安戦争発生?今週のクロス円の上下のメドはどこ?豪ドル/円、ポンド/円は今年の安値を更新!人民元にも注意

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは108.75

下値メドは104.06

今朝の天気マークは「晴れ」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

中国はやっぱり したたか?

 制裁関税を巡って米中の緊張がマックス高まるなか、6日(火曜日)のマーケットは、中国人民元に注目が集まっていました。

 人民元はリーマンショック以来の水準となる1ドル=7.00以上まで元安が進んだのですが、これに対して米財務省が、中国を「(意図的に自国通貨安に誘導する)為替操作国」と断定。

 この日の東京時間午前に発表される人民元の公示レート(基準値)は、さらに元安になるのか(前日は7.0850元)、マーケットは固唾をのんで見守っていたのですが、発表レートは前日よりも「元高」の6.9683元。通貨安戦争で米中の衝突がとりあえず回避されたとマーケットは安心して、ドル/円も反発しました。

 中国が公示レートを元高方向に調整したのは、米国の圧力に屈したからだといわれています。しかし本当はどうでしょうか。中国人民銀行は、元高にも元安にも簡単に相場をコントロールできる力があるところを見せつけた、と考えられます。そのつもりになれば(トランプ米大統領が何と言おうが)いつでも元安に誘導して貿易戦争を戦うつもりだけが、まだ余裕あるからそうしないだけというメッセージを伝えているのかもしれません。

 ドル/円は、為替操作国のニュースで105.52円まで急落したあと、人民元の公示レート発表後に107.08円まで急反発。しかし上値の重さは変わらずで、海外市場では106.24円まで押し戻されて、終値は106.45円でした。

 豪ドル/円、ポンド/円、そしてトルコリラ/円の、今週の上下のレベルは、今日の注目通貨をご覧ください。

毎ヨミ!FXトップニュース(8月6日)

6日ドル/円のNY市場の終値は106.45円

 5日の終値に比べ0.46円のドル高/円安だったので、今朝の天気マークは「晴れ」です。

今日の格言:

幸福とは、あなたが考えることと、あなたが言うことと、あなたがすることの調和が取れている状態のことだ  - ガンジー
= Happiness is when what you think, what you say, and what you do are in harmony.

各国・各通貨トピックス

ドル:
    米財務省が中国を「為替操作国」に指定
    次はベトナム戦争? 次の貿易交渉の標的に
    トランプ大統領:「(米国と戦えば)アフガンは10日で地上から消える」
    バーニーズ・ニューヨークが破産

中国人民元:
    人民元、1ドル=7.20元まで元安進むリスクも

豪ドル:
    RBA(豪準備銀行)、政策金利を据え置き
    RBA声明「金利は長期間低水準にとどまる見込み」、「労働市場の動向を注意深く監視」

トルコリラ:
    トルコ中銀、9月に再利下げか。利下げ幅は250bp
    トルコ財務相「9月に新たな経済プログラムを公表する」

その他:
    3Dバイオプリンターを使用して心臓の一部分をつくり出すことに成功
    日本のホワイト国リスト除外で韓国がキムチの輸出制限を検討か
    日韓「貿易戦争」、韓国の損失は日本の270倍との見方

主要指標終値

写真を拡大 出所:楽天証券が作成
 

本日の注目通貨

豪ドル/円:今週のレンジ予想:68.40円から77.35円 

今週のピボットは73.29円。
今年の高値と安値の50%は75.99円

第3レジスタンス:77.35円
第2レジスタンス:76.27円
第1レジスタンス:74.36円
ウィークリー・ピボット:73.29円
第1サポート:71.38円
第2サポート:70.31円
第3サポート:68.40円

8月のこれまでの高値は74.86円、安値は71.23円。
第一サポートをいったんブレークしましたが、その後急反発。
高値と安値の半値(50%)は73.04円。

先週の終値はその前の週に比べ2.62円の豪ドル安。
先週の値幅は2.98円。
1日の平均値動きは1.43円。

2019年のこれまでの高値は80.72円、安値は71.23円。
高値と安値の半値(50%)は75.97円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ポンド/円:今週のレンジ予想:122.14円から138.60円

今週のピボットは131.09円。
今年の高値と安値の50%は138.98円。

第3レジスタンス:138.60円
第2レジスタンス:136.58円
第1レジスタンス:133.11円
ウィークリー・ピボット:131.09円
第1サポート:127.62円
第2サポート:125.61円
第3サポート:122.14円

8月のこれまでの高値は132.55円、安値は128.10円。
高値と安値の半値(50%)は130.33円。

先週の終値はその前の週に比べ4.95円のポンド安。
先週の値幅は5.49円。
1日の平均値動きは1.87円。

2019年のこれまでの高値は148.88円、安値は128.10円。
高値と安値の半値(50%)は138.49円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トルコリラ/円:今週のレンジ予想:18.20円から20.20円

今週のピボットは19.26円。
今年の高値と安値の半値(50%)は19.31円。

第3レジスタンス:20.20円
第2レジスタンス:19.93円
第1レジスタンス:19.53円
ウィークリー・ピボット:19.26円
第1サポート:18.87円
第2サポート:18.59円
第3サポート:18.20円

8月のこれまでの高値は19.57円、安値は18.81円。
高値と安値の半値(50%)は19.19円。

先週の終値はその前の週に比べ0.02円のトルコリラ高。
先週の値幅は0.67円。
1日の平均値動きは0.39円。

2019年のこれまでの高値は21.15円、安値は17.48円。
高値と安値の半値(50%)は19.31円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

7日:RBNZ政策金利 など

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成
 

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング