ドル/円、一時107円台に急落。原油急騰、地政学リスク急上昇で「リスクオン」は終了か?

トウシル / 2019年9月17日 10時0分

写真

ドル/円、一時107円台に急落。原油急騰、地政学リスク急上昇で「リスクオン」は終了か?

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]

上値メドは109.05

下値メドは107.04

今朝の天気マークは「くもり」

※天気の判定基準は記事末尾にあります

 先週金曜日108.12円で終了したドル/円は、週明けのマーケットで一時107.50円まで急落。中東の地政学リスクでリスクオフが強まった結果ですが、一方でこの水準では買いも強く、NY時間には108.17円まで戻しました。

 ドル/円は円高に振れたとはいえパニック相場になったわけではなく、むしろ押し目買いのチャンスを提供した格好になりました。今週のマーケットは再び円高に逆戻りするのか?ドル/円、ユーロ/ドル、ユーロ/円の、今週の上下のメドは「今日の注目通貨」をご覧ください。

 週明け16日のマーケットでは原油先物価格が急騰しました。サウジアラビアの石油施設がドローンによる攻撃を受けたことが理由で、ブレント、WTIともに一時20%近く上昇、過去最大の値上がりを記録しました。サウジは産油量のおよそ半分が停止に追い込まれ、復旧までの時間が長引けば世界の原油供給への影響は必至です。この日の終値は先週金曜日の終値比8.05ドル高の1バレル=62.90ドル。

 トランプ大統領は、戦略石油備蓄の放出承認を表明したことで価格はやや落ち着きを取り戻しました。しかし、トランプ大統領はイランが関与していると非難、米軍による報復も示唆しているので、まだ状況は安定していません。今回のドローン攻撃の規模と精確さに関係者はショックを受けています。第2、第3の襲撃を防御できるのかという不安もあり、マーケットはしばらくの間リスクオフが続くことになるでしょう。

毎ヨミ!FXトップニュース

16日ドル/円のNY市場の終値は108.15円

 13日の終値に比べ0.04円のドル高/円安だったので、今朝の天気マークは「くもり」です。

今日の格言:

世界ではなく、自分自身を征服せよ – デカルト
=Conquer yourself, not the world

各国・各通貨トピックス

ドル:
 トランプ米大統領「サウジ石油施設攻撃、イランの関与は間違いない」
 ポンペオ国務長官「サウジ石油施設攻撃はイランのしわざ」
 トランプ大統領、サウジ石油施設攻撃への報復を示唆
 マーケットは今週のFRB(米連邦準備制度理事会)利下げを完全に織り込み済
 FRBは政治から独立しているフリして見通しをでっちあげてはいけない
 故ビンラディンの息子を殺害 トランプ大統領が公式発表

NY株式市場:
 先週のダウ平均+1.58%、S&P+0.96%、ナスダック+0.91%、そろって3週続伸。
 9月のダウ平均+3.09%、S&P+2.77%、ナスダック+2.69%

NY原油先物:
 サウジアラビア、ドローンによる攻撃で原油生産の約50%が停止
 16日終値は金曜日終値比8.05ドル高の1バレル=62.90ドル

ユーロ:
 ECB(欧州中央銀行)の緩和策は完了との見方
 イタリアの新連立政権は、ユーロ協調路線

ポンド:
 アイルランドのバックストップに進展か。DUPが代替案受け入れの可能性
 ジョンソン首相の議会停止は「違法」= 英裁判所

中国人民元:
 米国産大豆と豚肉を追加関税リストから除外
 中国、アルゼンチンから大豆ミールの輸入開始

その他:
 ストーンズのミック・ジャガー、環境対策でトランプ大統領を激しく批判
 味の素が60年続けてきた日本ケロッグ社との販売契約を解消
 慢性的な大量飲酒と認知症との関連が明らかに

主要指標終値

出所:楽天証券が作成
 

本日の注目通貨

ドル/円:今週のレンジ予想:105.67円から110.16円

今週のピボットは107.71円。
2019年の高値と安値の半値(50%)は108.20円。

第3レジスタンス:110.16円
第2レジスタンス:109.21円
第1レジスタンス:108.66円
ピボット:107.71円
第1サポート:107.17円
第2サポート:106.21円
第3サポート: 105.67円

9月のこれまでの高値は108.26円、安値は105.74円。
高値と安値の半値(50%)は107.00円。

先週の終値はその前の週に比べ1.20円のドル高/円安
先週の値幅は1.50円
1日の平均値動きは0.55円。

2019年のこれまでの高値は112.40円、安値は104.01円。
半値レベルは108.20円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ユーロ/ドル:今週のレンジ予想:1.0783ドルから1.1330ドル

今週のピボットは1.1037ドル。
2019年の高値と安値の半値(50%)は1.1248ドル。

第3レジスタンス:1.1330ドル
第2レジスタンス:1.1220ドル
第1レジスタンス:1.1148ドル
ピボット:1.1037ドル
第1サポート:1.0965ドル
第2サポート:1.0855ドル
第3サポート:1.0783ドル

9月のこれまでの高値は1.1109ドル、安値は1.0926ドル。
高値と安値の半値(50%)は1.1017ドル。

先週の終値はその前の週に比べ51ポイントのユーロ高/ドル安。
先週の値幅は182ポイント。
1日の平均値動きは63ポイント。

2019年のこれまでの高値は1.1570ドル、安値は1.0926ドル。
半値レベルは1.1248ドル。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

ユーロ/円:今週のレンジ予想:115.76円から123.11円

今週のピボットは119.11円。
2019年の高値と安値の半値(50%)は121.69円。

第3レジスタンス:123.11円
第2レジスタンス:121.56円
第1レジスタンス:120.66円
ピボット:119.11円
第1サポート:118.21円
第2サポート:116.66円
第3サポート:115.76円

9月のこれまでの高値は120.01円、安値は115.87円。
高値と安値の半値(50%)は117.94円。

先週の終値はその前の週に比べ1.88円のユーロ高/円安。
先週の値幅は2.45円。
1日の平均値動きは0.91円。

2019年のこれまでの高値は127.50円、安値は115.87円。
半値レベルは121.69円。

出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

トレード前に必ずチェック!今日発表の重要指標!

17日:FOMC、パウエル議長発言、日銀政策会合、BOE政策金利、SNB政策金利 など

経済指標過去データは楽天証券サイトにてご確認ください。 出所:楽天証券作成

◎天気の判定基準とは?

天気マークを見るだけで、ドル高で引けたのか、それともドル安で引けたか、ひと目で確認することができます。

・「晴れ」
当日の終値が、前日の終値に比べて0.20円を超えるドル高/円安だった場合は、「晴れ」の天気マークを表示します。

・「雨」
反対に、終値が0.20円を超えるドル安/円高だった場合は、「雨」の天気マークを表示します。

・「くもり」
終値が上下0.20円の範囲にあった場合は「曇り」のマークを表示します。


※天気マークは、前日の終値との比較を示したもので、今日のマーケットの方向を予想するものではありませんので、ご注意ください。

※ちなみに2018年は、「晴れ」80日、「雨」82日、「くもり」98日 でした。
また、2018年は延べで43.33円上昇、延べで46.41円下落。差引3.08円の円高(2017年末に比べて)でした。

(荒地 潤)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング