全男性が持っている「痴漢トリガー」とは何か 満員電車で作動すると、もはや制御不能に

東洋経済オンライン / 2017年10月24日 7時0分

ある条件下では、すべての男性が痴漢行為をしかねない(写真:amadank/PIXTA)

満員電車内での痴漢事件や痴漢冤罪トラブルが連日報じられている。被害者である女性が痴漢撲滅を訴える一方で、男性は痴漢冤罪問題に大きな関心を持つ。男性は「自分は痴漢をしないが、痴漢に間違えられるかもしれない」と考えているからだろう。

しかし、「すべての男性が痴漢常習犯になる可能性がある」と世の男性に警鐘を鳴らす人物がいる。『男が痴漢になる理由』の著者である精神保健福祉士・社会福祉士、斉藤章佳氏だ。アジア最大規模の依存症治療施設といわれる東京の榎本クリニックで1000人を超える痴漢常習者を含む性犯罪者の治療に携わってきた。平凡な男性がなぜ痴漢行為に走り、やめられなくなるのか。その理由を聞いた。

――多くの男性は「自分は痴漢をしない」と思っているはずです。だからこそ、痴漢冤罪が大きな関心を集めているのではないでしょうか。

私も男性ですから痴漢冤罪は他人事ではありません。それはさておき、痴漢冤罪を声高に主張して肝心の痴漢問題をうやむやにするのは賛成できません。警視庁によれば2016年に都内における電車内の痴漢行為は約1800件(迷惑防止条例違反)起きています。しかも、やはり警視庁の調査によれば、痴漢行為に遭った女性のうち9割近くが警察に通報・相談をしていません。つまり、実際の痴漢行為は少なく見積もっても1800件の10倍以上あると考えられます。一方で、痴漢冤罪が現実にどのくらい起きているのかはわかりませんが、痴漢犯罪よりも圧倒的に少ないと予想できます。

■痴漢をする人の特徴は「4大卒の既婚サラリーマン」

――痴漢をする男性に特徴はあるのでしょうか。

当クリニックでは過去12年間に延べ1000人以上の性犯罪者を対象とした再発防止プログラムを実施してきました。受講者を年齢別に見ると最も多いのは30代で、その後40代、20代と続きます。最終学歴は4大卒、職業別では会社員が多いです。未婚と既婚はほぼ半々。こうして見ると、痴漢行為をする人の平均像は「4大卒で会社勤めをする、働き盛りの既婚男性」ということになります。

――まさに普通の男性ですね。

既婚者の中には子供がいる人も多数います。家族も会社の同僚も友人たちも、彼が毎日の通勤中に痴漢をしているとは夢にも思わない。痴漢で逮捕されると周囲の人が「まさかあの人が痴漢をするなんて」と驚くことがありますが、実際、そういう人に限って痴漢の常習犯だったりするのです。

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング