「スーパー」でバレる!残念すぎる人の3欠点 「レジ対応、大量割りばし…」それで大丈夫?

東洋経済オンライン / 2017年12月21日 12時0分

【1】「健康リテラシーの低さ」がバレる

古い油の塊と化した怪しげな唐揚げや、大量の油が含まれているポテトチップスを「お買い得セール」でたらふく買い込む、二流のスーパー利用客たち。

続いて糖分の多い清涼飲料水にグルテンざんまいのコッペパン、マーガリンなどの、いわゆる「不健康食品リストにある食品」をすべて買い込んでしまうのは、二流来店者の二流たるゆえんといえるだろう。

このような人々は「健康リテラシー」もなんのその、体ではなく脳が喜ぶ「炭水化物と古い油」で体の細胞と血液をドロドロにするために有り金をはたいてしまうのだから、「健康リテラシー」という意味では、もはや三流以下の奈落の底にコロコロ転落済みなのである。

スーパーの買い物では、その「買い物かごに何が入っているか」を見ただけで、その人の「健康リテラシーの高低」が一発でバレてしまうのだ。

【2】「貧乏根性」がバレる

次にスーパーで即バレるのが、その「貧乏根性」である。

残念なスーパー利用客に限って、とにかくいろいろなものを持って帰るものだ。購入したのは148円のサバの味噌煮とフィリピンバナナだけなのに、スプーン、割りばし、ビニール袋、プラスチックのフォークやスプーンなど、なんでもかんでも、余計に持って帰ってしまうのだ。

時には、「買った商品よりも、レジ備え付けのお持ち帰り用の簡易食器のほうが多いのでは?」と心配になるくらい、とにかく無料のサービス品をすべて持ち帰ろうとする、気づかぬうちに「窃盗」に手を染めてしまいかねないスーパー利用者たち。

このような「無料のものは、すべて持って帰る」という精神力の持ち主は、試食品のハムをどんなに食べても罪悪感を一切持たない。そして、試食用のハムをどんなに食べ尽くしても、1つも買うことなく帰ってしまうのだから、その胆力と貧乏根性たるや、いくらなんでも恥ずかしすぎるのではなかろうか。

最後にスーパーで残念ながらバレるのが、「簡単な暗算もできず、かつ人としての配慮もない」ことであろう。

■レジではまわりの人たちにも配慮が必要

【3】「暗算ができず、配慮もない」ことがバレる

いくら割引セールのものばかり選んでいて一つひとつの価格は安くても、買い物かごいっぱいに商品が入っていては「1000円札1枚」で支払いが済むわけはない。

さらに、レジで「1024円」など金額に端数が出てしまったので、どれを返品しようかうろたえている姿は、残念なスーパー利用客にとっては「悲しき日常シーン」であろう。

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング