コンビニ3社「冷しうどん」に力を入れる事情 「女性の新規客獲得」を超えた狙いがある

東洋経済オンライン / 2018年5月17日 8時0分

今、コンビニの「冷しうどん」が急成長している(撮影:今井康一)

気温が1℃上がるごとに、夏仕様になっていくコンビニ。顕著なのが麺売り場だ。電子レンジで調理するレンジ麺は少なくなり、「冷し麺」がズラリと並ぶ。ただ、今年は冷し中華の一人勝ちとは限らない、例年以上にうどんメニューが存在感を増している。今年のコンビニ冷し麺にどんな変化が起きているのだろう。

コンビニの夏の麺と言えば、何を思い出しますか――と、質問されたら、多くの人が「ざるそば」か「冷し中華」と答えるに違いない。

セブン-イレブン(以下セブン)が、一口サイズのそばを容器に並べた初の調理麺「小割けそば」を発売したのは1982年。以来、ブラッシュアップされて業界に定着した「ざるそば」は、30年以上のロングセラーになっている。一方、冷し中華は近年、外側はつるっとした食感、中はもちっとした歯応えを実現した「三層麺」が主流になって、どのチェーンの商品もおいしくなった。多くの商品開発者たちから「麺類でいちばんマーケットが大きいのは中華麺」という話を聞くので、「コンビニ冷し麺=冷し中華」と考える熱烈なファンがついていることは確かだ。

■成長する「うどんマーケット」へのコンビニの対応

しかし、今年は麺売り場のレイアウトに変化が起きている。“冷し中華推し”なのは、どのチェーンも大体同じだが、セブンの売り場を見て回ると、「冷しうどん」の陳列面積を昨年の2~3倍くらいまで広げている店もある。長い取材歴の中で、セブンが夏にうどんをここまで推している光景を見たのは初めてだ。

米飯・麺類開発の責任者である商品本部、笠石吉美シニアマーチャンダイザーに話を聞くと、「うどんを大刷新しました。今年は、セブンにとって『うどん元年』といっていい」と、“冷しうどん推し”を認めた。

「近年、外食のうどんマーケットは成長しています。ニーズがある以上、“近くて便利”を標榜するセブンとして、うどんをもっとおいしくしないといけない。苦節3年、ようやくおいしい麺をお届けできるまでになりました」という。

確かに外食市場に目を向けると、うどん単体の正確な数字は読み取れないが「そば・うどん店」のマーケットは1兆円超えと堅調に成長している(一般社団法人 日本フードサービス協会調べ)。「はなまるうどんや丸亀製麺など、うどん専門店が首都圏や地方でも増えていることが一因では」と見る業界関係者は多い。環境変化に敏感なコンビニが、うどんに注目するのは当然のことなのだ。

■うどんの売り上げが前年同期比70%増のセブン

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング