最新版!「住みよさランキング2018」トップ50 7年連続でトップに輝いた市は?

東洋経済オンライン / 2018年6月20日 8時0分

千葉県印西市が7連覇

東洋経済新報社が全国の都市を対象に毎年公表している「住みよさランキング」。最新となる2018年のランキング結果がまとまった。このうち上位50都市を紹介する(各都市のランキングの詳細については、『都市データパック2018年版』を参照)。

「住みよさランキング」は、公的統計を基に、それぞれの市区が持つ“都市力”を、「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の5つのカテゴリーに分類し、ランク付けしたもの。ランキングの算出には16の統計指標を用いている。指標ごとに、平均値を50とする偏差値を算出、それらの平均値から5カテゴリーの部門評価および総合評価を算出している。なお、5つのカテゴリーと採用16指標の詳細については、文末をご参照いただきたい。

対象は、2018年6月18日現在の814都市(全国791市と東京23区)で、全都市を対象としたランキングは25回目となる(2011年は、東日本大震災により非公表)。なお、トップ50都市のランキング表は3ページ目以降に掲載している。

■印西市(千葉)が7年連続トップ

今年の「住みよさランキング」総合評価1位は千葉県印西市、2位が愛知県長久手市、3位が宮城県名取市となった。2012年のランキングで1位となった印西市は、今回で7年連続の1位だ。

印西市は千葉県の北西部、東京都心から約40kmの位置にあり、3市にまたがる千葉ニュータウンの面積の過半を占める住宅都市。市内には多数の大型商業施設が進出し、また大学や企業の研究開発拠点、金融機関のデータセンターなども集積している。東京と成田国際空港を結ぶ交通軸上にあり、2010年の京成成田空港線(成田スカイアクセス)の開業により、成田空港はもとより、東京都心や羽田空港へのアクセスも良好である。東京区部への通勤率は20%を超え、また、成田空港近辺へ通勤する人々も多く暮らす。

以前より、「利便度」「快適度」「富裕度」「住居水準充実度」の4部門で高い評価となっていたが、新たに「安心度」の指標とした「年少人口(0~14歳)増減率」が全国10位・増加率8.2%と高く、トップの座をより強固にする結果となった。

「年少人口(0~14歳)増減率」のほか、「転入・転出人口比率」も全国で10位以内(転入超過29.3%)の高い値となっているのに対して「15~49歳女性人口当たり出生数」は全国平均並みと、飛び抜けて高いわけではないことから、子どもを持つ若い世代が、印西市を「育てるまち」として選んでいることが推測される。

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング