「医学部進学に強い高校」ランキングTOP100 5年間の国公立医学部合格者数でランキング

東洋経済オンライン / 2019年1月18日 7時10分

過去5年間の累積合格者数から医学部に強い高校をランキング。1位は愛知の東海。

東京医科大学に端を発した医学部入試の不正問題。複数の私立大学の医学部で、浪人生や女子を不利に扱う入試の実態が発覚した。

浪人生は受験勉強の期間が長いアドバンテージがある。女子が優位なのは、結婚や出産を経ても仕事が続けやすい医師を目指し、優秀な女子受験生が集中するため。さらに地道な受験勉強を続ける女子は、男子より学力が高い傾向にあることも無視できない。一部の大学で女子や浪人生を不利に扱う入試が常態化していたのは、定員が少ない医学部の間口は狭く、入試のハードルが高いためだ。

注目度が高まっている医学部入試。この難関学部に強い高校はどこなのか。現役男子の優遇というバイアスがかからない、国公立大医学部の5年間の合格実績から検証してみた。5年間比較としたのは、単年比較では、順位にブレが生じるため。医学部合格実績が高い高校でも、現役生が数多く合格した翌年は、力のある浪人生が相対的に減少するため、高校全体の合格者数が減る傾向にある。

■医学部に5年で572人合格した東海がトップ

医学部合格者数ランキングの1位は、この5年間で572人が合格している東海。難関がゆえに隔年現象が起こりやすい国公立大医学部入試にあって、2016年から3年連続で合格者が増え続けている。単年比較の合格者数ランキングでも、2018年春まで11年連続でトップを続けている。東海の合格者が最も多いのは名古屋大学で、2018年度は38人が合格。同大医学部のおよそ3人に1人は東海出身者だ。

学費が安い国公立大医学部は日本全国の大学が志望対象となるが、地元に設置大学が多いに越したことはない。東海がある中部圏には、名古屋大学に加え浜松医科大学、岐阜大学、名古屋市立大学、三重大学の5校が医学部を設置しており、こうした環境も合格実績を支えている。中部圏でランクインしている高校には、22位の南山、25位の滝、28位の旭丘などがある。

2位以下は、2位ラ・サール、3位洛南、4位灘、5位久留米大学附設、6位開成と続き、7位の東大寺学園までが5年間で300人を超える合格実績を出している。とくに灘は医学部の中でも最難関の東京大学と京都大学の合格者が多く、2018年は両校合わせて37人が合格。同年の灘の全国公立大医学部合格者数の4割近くを占めている。

医学部ランキングの特徴は、灘を含め上位に近畿圏の高校が多いこと。これは、中部圏以上に医学部を持つ大学が多いためだ。滋賀医科大学、京都大学、京都府立医科大学、大阪大学、大阪市立大学、神戸大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学の8校があり、中には医学部としては比較的入りやすい大学もある。それに加えて、大企業の本社機能の首都圏への移転が進み、優秀な高校生の将来の就職先として、一般企業が視野に入りにくいこともある。

東洋経済オンライン

トピックスRSS

ランキング