英EU離脱前の混乱、ユーロスター「乗らないで」 連日の遅延、実は仏税関職員のサボりが原因

東洋経済オンライン / 2019年3月21日 6時40分

パリ北駅に停車中のロンドン行きユーロスター(筆者撮影)

「必ず行くべき用事でないなら、乗車を取りやめることを勧めます――」

3月に入って以来、イギリス―フランス間を結ぶ高速鉄道「ユーロスター」で連日遅延が発生し、運行会社はついに利用客に対し「乗らないでほしい」と悲鳴を上げる事態となっている。

いわゆるブレグジットと呼ばれる「イギリスの欧州連合(EU)脱退」が関係しているというが、いったいどんな事情でこのような問題が生じているのだろうか。

■都市中心部直結の利便性で人気

ユーロスターは、ユーロトンネル(英仏海峡トンネル)を通って島国イギリスと欧州大陸を結ぶ重要な高速列車だ。1994年の運行開始当初から走っているロンドン―パリ/ブリュッセル便に加え、2015年にフランス国内の地方都市への直行列車が登場、さらに2018年にはオランダのアムステルダム行きも走り出した。

格安航空会社(LCC)の台頭著しい欧州だが、多少時間がかかっても都市の中心間を結ぶ列車を選ぶ層は確実におり、シーズンを問わず毎便ほぼ満席となっている。

また、ユーロスターは出入国審査(パスポートコントロール)を出発前に済ませられる利点もある。イギリスは欧州大陸側のEU各国間で国境検査を省略した「シェンゲン協定」に加盟していないため、大陸側各国との出入国の際にはパスポートチェックが行われる。だが、ユーロスターなら出発駅で列車に乗る前に両方の審査を済ませられる仕組みになっている(一部の遠隔駅発着を除く)。

そんな背景もあり、ユーロスターが持つ「目的地に着いたら手続きなくスルリと街に入れる機動性」が人々に選ばれる理由の1つにもなっている。昨年4月に運行が始まったアムステルダム線も好評で、運行会社は年明けに6月からロンドン発を毎日1便ずつ増便すると発表した。

本来、ユーロスターは「発車30分前」に改札通過すれば乗れるという規定になっており、飛行機搭乗時より短い時間で手続きが済むことになっている。ところが、3月4日から、ユーロスターのイギリス行きが出発するパリ北駅で「異変」が起き始めた。

フランスを出国する人々の列がまるで進まず、1時間半以上も並ばされた揚句、諸検査を済ませて待合室に入れたころには、乗る予定の列車はとっくに出発済み……という事態が起こるようになってきたのだ。

この混乱を引き起こした張本人は、フランス側の税関職員たちだった。言い分は「ブレグジット後に起こりうる税関での検査実施により、仕事が増えるのは困る」というもの。自分たちの権益を守るために、わざと遅延行為を行い、その一方で賃上げを要求するという実力行使に出たのだ。

■「合意なき離脱」で仕事が増える?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング