アメリカの「イタい黒歴史」に追随する属国日本 陰謀論やカルトを生み出す「空っぽの容器」

東洋経済オンライン / 2019年4月5日 18時0分

しかしアンダーセンは、彼らばかりが称えられていることに疑問を持ち、ピルグリム・ファーザーズ以前の入植者と、入植者を送り込むべく躍起になった投資家らの生み出した「詐欺まがいの幻想」の数々を並べ、それらの幻想が敗北した事実があったことに着目。アメリカ人の中で、一部の出来事が神話化され、いわば“イタい黒歴史”のほうは見事に無視されていることを指摘する。

■アメリカ熱が生み出した架空のゴールドラッシュ

1492年のコロンブス以降、次々と冒険家たちが新大陸を目指す中、イングランドでは金の探索に燃える入植者が続々と大陸へ旅立った。ところが、現実にはエルドラドなど存在せず、彼らは帰らぬ人となる。すでに投資もしており、一度見た「一攫千金」の夢を信じ続けたいイングランド人は、新大陸に眠るはずの金塊を夢想するあまり、あの手この手で人々を煽るための幻想をひねり出した。

不確かな「また聞きか、また聞きのまた聞き」の報告や文献を都合よく読み、先住民の存在など具合の悪い部分はあまりはっきり考えないようにする。熱に浮かされた人々は、アメリカ大陸を「真珠や金を手に入れられる」「地上で唯一の楽園」「エデンの園」とまで考える幻想バブル状態にはまり、実体のない「架空のゴールドラッシュ」が作り上げられたのだ。

南部バージニアには、1620年の時点で6000人以上の入植者が金を目指して上陸したが、その4分の3以上が死んでしまったという。だが投資家たちは諦めない。大仰な文句の広告を打ちまくり、もはや詐欺まがいの幻想で入植者を騙しては送り込み続けた。現実よりも、自分が信じたい幻想を狂信するカルト状態に陥っていったのだ。

アンダーセンによれば、この風潮の中で登場するのが、理想主義に燃え、その理想を叶えられるユートピアを一心に求めたピューリタン、ピルグリム・ファーザーズである。

《この国は、一攫千金やユートピアや永遠の命などの幻想を入れる空っぽの容器として始まった。新たな幻想を無限に生み出しても収められるほど大きな容器である》(上巻p.73より)

プロテスタントの個人主義と、自分の信じたい物語を自由に信じる力、そして過剰なほどの理想主義とが合わさって始まったアメリカでは、次々と自由すぎる幻想が生み出され続け、ビッグバンを起こしていく。

聖書の預言を文字通り信じて「終末思想」に振り回されたり、「信じる自由」を極限まで行使した反知性主義的な魔術的思考が流行したり、悪魔信仰に魔女裁判、怪しすぎる新興宗教……。時代が下って医療が発達すると、今度はエセ医療の代表格として名高いホメオパシーにメスメリズム、骨相学、そして庶民の間には、フリーメイソンやイルミナティなどの陰謀論や、「UFOに誘拐されたと主張する人」の出現など枚挙にいとまがない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング