東大生が教える「文章がスラスラ書ける」凄ワザ 文章が苦手な人は「情報収集」に問題がある

東洋経済オンライン / 2019年4月20日 7時40分

「でも、インプットしているはずなのに話せないんだよね……」「本はたくさん読んでいるはずなのに、語れないんだよ!」

そういう方もいると思いますが、ここに大きな間違いが存在します。

実は、インプットには大きく分けて2種類存在するのです。

■2種類の「インプット」を使い分けよう

インプット1:理解・納得のためのインプット

1つは、「理解・納得のためのインプット」です。

例えば誰かの説明を聞いたり本を読んだりして、「なるほどね」「そうなのかー」とぼんやり頭の中に入ってくることってありますよね? これは、自分が理解したり、自分の中で納得するために話を聞いたり本を読んでいる、「理解・納得のためのインプット」です。

しかし、このインプットは、自分の頭の中には入ってきても、それを誰かに説明したり、それこそ「アウトプット」することは難しいのです。あくまで、「自分が理解・納得できればいい」のですから。

インプット2:アウトプットのためのインプット

必要なのは、もう1つのインプット。「アウトプットのためのインプット」です。

例えば誰かの話を聞いたり、ニュースを見たり、本を読んだりする中で、「誰かに話したいな」と思う情報を得ることってありますよね? 「ノートルダム大聖堂が燃えてる!? 早く友達に知らせなきゃ!」って感じです。

このとき、人は自分が理解・納得する以上の目的を持って情報を吸収しています。つまり、「誰かに話せるレベルまで情報を得る」ということです。アウトプットが前提になっているから、そもそも聞く姿勢も違う。話を聞くときもニュースを見るときも本を読むときも、「あとで自分が話すときがくる!」という意識をもってインプットすることになるのです。

そういう「アウトプットが前提になっているインプット」ができて初めて、得られる情報があるのです。

実は多くの人は、「理解・納得のためのインプット」しかしていないのです。「アウトプットのためのインプット」ができていないから、アウトプットすることが難しくなってしまうのです。

「読む」と「書く」。「聞く」と「話す」。「インプット」と「アウトプット」というのは、実は同時にやることで効果を発揮します。アウトプットを前提としたインプットをしていないと、いつまで経っても1文字も書くことができないのです。同時に実践して、初めて両方ともうまくいくものなのです。

僕も、「読書」と「作文」を同時に実践して始めて、文章がより深く読めて、そして書けるようになりました。「書けない!」とお悩みの人は、実は書けないのではなく、読めていないから書けないだけなんです。だからこそ、アウトプットが苦手な人は、インプットを見直したほうがいいのです。

■「アウトプットのためのインプット」3ステップ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング