「男性選び」が「中小型株投資」に似ている理由 婚活女子が「年収」より重視する結婚の条件

東洋経済オンライン / 2019年4月29日 8時20分

アラサー世代の独身女性は、結婚を焦る人も少なくないと思います。しかし、投資も同様で、下落局面だからと焦って冷静な判断ができなかったら、失敗しやすいのではないでしょうか。

投資をするときは「自分のこの先の見込み収入や支出はいくらか」、「定年退職までにいくらくらい準備できるのか、いくら足りないのか」「足りない部分はどう準備するのか」と、自分のライフスタイルに合わせて、投資の方法や金額を考えていくものです。

■「相手の条件」よりも自分と向き合い「本心」を知る

投資も結婚も、どちらも将来に大きな影響を与えるものです。

「自分が結婚生活に求めていることは何か?」「どんなライフスタイルを送りたいか?」

もし読者の皆さんが相手のことを条件だけで見ている場合、相手よりもまずは自分と向き合うことが大切な気がします。「将来、どんな相手とどんな生活を送りたいのか」という「本心」を知ることで、自分に合った男性を見つけられるのではないかと思います。そして、なによりも、結婚には「相手の気持ち」も、自分自身の気持ちと同じ、あるいはそれ以上大切だということを、忘れないようにしたいものです。

岸田 彩加:フリーアナウンサー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング