奈良でリセット!大人のパワースポット3選 令和元年、運気を上げる奈良のお寺は?

東洋経済オンライン / 2019年5月3日 11時0分

注目パワースポット② 安倍文殊院と文殊菩薩

文殊(もんじゅ)菩薩の代表的な作例といえば、安倍文殊院に安置されている国宝・渡海(とかい)文殊菩薩像です。獅子にまたがった7メートルの巨大な文殊菩薩と、それに従う個性的な風貌の4人の仏は、名仏師・快慶により制作されました。

この寺は、遣唐使・阿倍仲麻呂や陰陽師(おんみょうじ)・安倍晴明も名を連ねる、安倍一族の氏寺です。創建は大化の改新時と伝わります。

仲麻呂と晴明の両氏をまつっているのは、池の上に建てられた美しい金閣浮御(ふみ)堂。ここで参拝者は、厄災を払うための「七まいり」を行います。

この安倍文殊院がパワースポットといわれるのは、やはり陰陽師との関わりが大きいようですが、安倍晴明を詣でることによる厄除けをはじめ、文殊菩薩のご利益である合格や学業成就、境内にある白伽山堂での縁結びの効果などが期待できそうです。

また、境内には国指定特別史跡の文殊院西古墳や、「知恵の水」が湧くという閼嘉井(あかい)の古墳などがあります。季節ごとに移ろう花々の眺めもよく、見どころのつきないお寺です。

■この寺にまつられる注目の仏様

実在の人物との説もある文殊菩薩はバラモン家の生まれ。出家し、釈迦の弟子となりました。

釈迦入滅後は、ヒマラヤにて500人の仙人の前で教えを説いたといわれ、今も清涼山で、1万人の菩薩を相手に説法を続けているそうです。

「三人寄れば文殊の智慧」ということわざにあるように、智慧を司る菩薩です。その智慧を象徴する逸話が、経典『維摩(ゆいま)経』に残されています。大乗仏教の奥義に精通していた聡明な維摩居士(こじ)に、釈迦の弟子でも議論でかなう者はおらず、いつも弟子は論破されていました。

あるとき釈迦が、病気になった維摩居士のお見舞いに文殊菩薩を遣わしたところ、両者は対等にわたりあったとのこと。

姿は基本的な菩薩形で、主に右手に剣、左手に経巻(きょうかん)を持ちます。

【所在地】奈良県桜井市
【名物行事】文殊お会式、寺宝展
【記念土産】手作り落雁

注目パワースポット③ 法隆寺と釈迦如来

世界最古の木造建築群を有する法隆寺は、1993年に日本で初めて世界遺産に登録されました。

国宝所有数は寺院の中で最も多く、建造物18件、美術工芸品20件。寺の境内にはよい気があふれ、とくに五重塔と八角円堂はパワースポットとされています。

法隆寺を開創したのは聖徳太子。用明天皇が自らの病気平癒(へいゆ)のため寺の建立を願ったことから、子の聖徳太子と推古天皇が、崩御後でしたが607年に完成させました。本尊の薬師如来も同時に納めています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング