クールビズ姿がどこか残念な男の思わぬ盲点 薄着でノージャケットだからこそ目立つ

東洋経済オンライン / 2019年8月6日 7時50分

本人はイケていると思っていても周囲はそう見ていないかもしれません(写真:horiphoto/PIXTA)

「クールビズは快適なんだけど、いまだに正解はわからないんだよね」

クールビズスタイルで過ごすビジネスマンが目立つこの季節、40代ビジネスマンにファッションアドバイスをしていると、こんな声を耳にします。スーツにネクタイを締めることに慣れすぎた男性は、「薄着の着こなし」で間違いを犯すことがあります。

■残念な人が陥る!ビジネスファッションマナーの盲点

クールビズのガイドラインは各社とも明確です。ところが、クールビズが浸透した結果、ワイシャツからポロシャツまで、身だしなみの選択肢は増えても、「着こなしのあり方」は各自に委ねざるをえません。

クールビズの基本ともいえる「ワイシャツ」「ポロシャツ」「ベルト」の盲点、そして昨今、認知を得てきたTシャツを合わせる「最新クールビズ」まで、おしゃれ目的ではなく、対人関係を意識したビジネスファッションマナーの視点で、「季節特有の印象問題」を紹介しましょう。

ノーネクタイ姿の落とし穴「シャツの襟裏」

夏、薄着だからこそ見落としがちな盲点があります。たとえば、ワイシャツの第1ボタンを外すこと。周りからは、こう見えています。

「第1ボタンが開いているとワイシャツの襟裏まで目がいってしまうのですが、襟裏が黄ばんでいる男性は意外と多いんですよね」(29歳営業職女性)

自分が鏡の前で身だしなみを整えるとき、正面から姿を確認するため、襟裏の汚れまでは意識が向きません。ですが、斜めの位置で人と対峙すると、相手は自然に襟裏まで目がいきます。

私は職業柄、名刺交換した女性たちから「社内にいる男性同僚の身だしなみ」について教えてもらうことがあります。女性は男性以上にチェックが厳しいです。ただし、本人に指摘はしません。ニオイと服はセンシティブな問題なので、なかなか身内以外は指摘してくれないのです。とくに、独り暮らしの人ほど感度を高める必要があります。

シャツ襟裏の汗ぬきをクリーニング屋さんに頼むことで、襟裏の黄ばみは解決します。自分ではなかなか気づかない「薄着の盲点」を知ることで、夏も清潔感あるノーネクタイのワイシャツ姿をキープしましょう。

薄着の落とし穴はポロシャツにも潜んでいます。

真夏のポロシャツは、オン・オフ問わず重宝しますが、ワイシャツとはまったく異なる「着こなしの工夫」が必要です。「シャツ」という言葉からワイシャツの扱いと大差がないよう思いがちですが、ポロシャツはTシャツに近い存在です。だからこそ、ワイシャツ姿ではありえなかった「乳首透け問題」や「丈の問題」が頻出します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング