孤独死した40代男性の部屋に見た周囲との断絶 ふとしたきっかけで誰にでも起こりうる

東洋経済オンライン / 2019年8月12日 7時30分

孤独死の現場からは、生きづらい社会で孤立する現役世代の悲痛な叫びが浮かび上がってくる(写真:KatarzynaBialasiewicz/iStock)

いよいよ夏本番になってきた。夏は、1年のうちで孤独死が最も多く発生する。

なぜ夏の時期に孤独死が大幅に増加するのか。理由は簡単で、孤独死は近隣住民の臭いによって発見されるからだ。また、孤独死する人はセルフネグレクト(自己放任)に陥っているケースが約8割となっている。ゴミ屋敷など物理的にエアコンをつけられない環境にあることも多く、強烈な暑さの中、元々衰弱していた人などは、熱中症が引き金となって死に至ることがある。

拙著『超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる』の取材を通じて孤独死現場と向き合っていると、家族でも友人でもなく、遺体が発する臭いによってしか、その死が気づかれないという残酷な現実が浮き彫りになる。

特殊清掃業である武蔵シンクタンクの塩田卓也さんは、そんな過酷な現場と長年向き合ってきた1人だ。

■吐血し、苦しみながら亡くなった男性

関東地方のワンルームのアパート――。40代の男性が、玄関で孤独死していた。

ベッドと床の上には、黒い体液が2メートル四方に広がり、フローリングの下まで突き抜けていた。男性は苦しみのあまりのたうち回り、玄関までたどり着いたものの、力尽きてしまったようだった。

塩田さんが亡くなったベッドの毛布をめくると、枕は吐血した血でどす黒く染まっていた。かなりの長い間、男性の遺体が放置されていたことは明らかだった。近隣住民が異様な異臭に気づいて管理会社に苦情を言ったことで、発見されたという。

部屋の中は、数百匹のハエが飛び交いうじが床を這いまわっていた。暗い室内で何とか電気を探し出してつけると、そこには、ギターが壁に何本も立てかけられてホコリをかぶっていた。

塩田さんが遺品整理をしていると、路上ライブを行っていた男性のものと思われる写真や自作のCDが次々と出てきた。部屋の片隅には、有名アーティストと男性とのツーショットの写真もあった。おそらくリスペクトしていたアーティストだったのだろう。男性は、はち切れんばかりの笑顔に溢れていた。タンスの上には、そのアーティストの楽譜が丁寧に飾られていた。

男性の両親に話を聞くと、アーティストになりたいという夢を持った息子に、「お前なんか出ていけ!」と父親は激しく怒鳴りつけたという。

その直後から男性は家を出ざるをえなくなり、アルバイトをしながら、一人暮らしを始めるようになる。

母親は、厳格な父親の目を盗んで、こっそりと知人に頼んで男性の路上ライブで投げ銭をしてもらっていたらしい。しかし、息子の家を訪ねることはなく、生活状況はまったく知らなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング