北極へ挑む男、41歳荻田泰永の過酷な冒険の価値 1回に1000万円をかけ、極地への極限の冒険

東洋経済オンライン / 2019年8月18日 8時20分

北極での「無補給単独徒歩」に挑戦する様子(写真:荻田泰永氏提供)

前へ。

激しい起伏の氷原の中を、前傾姿勢で歩く1人の男。その男の腰からはロープが伸び、その先には大きなソリが結ばれている。一見すると、小型のボートのようで、とても人間が1人で引きずりながら歩き続けられるようなシロモノには見えない。

男は、約2カ月分の食料やテントなどの物資を積んだソリを引き摺りながら、自ら設定した目的地へと突き進む。視界を遮るほどの雪が降ろうが、身体ごと押し戻されそうな猛烈な風が吹こうが、ただひたすら、前へ。

その男の名は荻田泰永(41)。世界屈指の北極冒険家だ。彼は、これまで、北極海が凍結する冬の時期を狙って、冒険を繰り返してきた。その冒険スタイルは、「無補給単独徒歩」というもの。第三者からの食料や物資の補給を一切受けず、1人だけで北極海の氷の上を歩いてゴールを目指す。

2016年には、世界で初めて、カナダ最北の村グリスフィヨルドからグリーンランド最北のシオラパルクをつなぐ約1000kmの単独徒歩行を成功させ、さらに、2018年1月には、日本人初の南極点無補給単独徒歩到達に成功するなど、世界屈指の極地冒険家としてその名を知られている。

■荻田と北極との出会い

荻田が北極を歩いて旅をするようになったきっかけは、約20年前にさかのぼる。大学を中退し、将来に希望が持てないまま、アルバイト生活を続けていた荻田。何かできるはずだという根拠のない自信と湧き出るエネルギーをぶつける先もなく、悶々とした生活を送っていた。そんなときに知ったのが、極地冒険家の大場満郎氏だった。

大場氏がテレビ番組の中で、未知の世界である極地冒険のことをイキイキと話す姿に惹き付けられた。番組の最後に大場氏の口から、「次は若者を連れて北極へ行く」という言葉を聞いたとき、荻田の心はざわつき、数日後には冒険への参加を志願する手紙を大場氏に送っていた。

荻田に、人生のターニングポイントを聞くと、ユーモアのある答えが返ってくる。

「どうなんでしょうね。別にターンしているつもりはないですけどね。ストレートにしか歩いてきていないから(笑)。ただ、あのときに大場さんのことをテレビで見ていなければ、間違いなく北極には行っていないですね」

以来、約20年間で16回もの極地冒険を敢行している。

荻田には、過去に何度か失敗に終わった冒険がある。とくに、2012年と2014年の2度にわたって目指した北極点への挑戦は、いずれも途中で撤退を余儀なくされた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング