左傾化する米民主党「トランプ再選阻止」なるか 「テレビ討論会」の発言で見えてきたこと

東洋経済オンライン / 2019年8月20日 18時0分

民主党テレビ討論会で、ジョー・バイデン前副大統領(左)の言動が人種差別的だと詰め寄るカマラ・ハリス上院議員。中央はバーニー・サンダース上院議員(写真:ロイター/アフロ)

2020年の大統領選をめざして民主党の候補者レースが始まった。本命の中道派バイデン氏にハリス氏ら左派の論客が切り込む。党内にはペローシ下院議長も手を焼く左派若手が台頭し、1つの政治潮流をつくりつつある。

来年11月のアメリカ大統領選でトランプ大統領の再選阻止を狙う民主党の候補者指名争いが本格化した。今回初めてとなるテレビ討論会が6月26〜27日に激戦州の1つ、フロリダ州で開かれ、20人が参加した。候補らの経歴はさまざまで、民主党の多様性を印象づけた。一方で、アメリカ社会をどう改革するかについては急進的な発言が相次ぎ、全体として左傾化の傾向を明確に示した。トランプ氏にどう挑むかという党の再選阻止戦略はまだ見えてこない。

■波乱含みで始まった指名争い

NBCテレビなどが主催した討論会は参加者が多いため、2日間に分かれて10人ずつが登場した。ハイライトは、2日目のジョー・バイデン前副大統領(76)とカマラ・ハリス上院議員(54)の応酬だった。

ハリス氏はジャマイカ系黒人の父とインド系の母を持ち、自らはアフリカ系アメリカ人(黒人)と名乗っている。ハリス氏は「バイデン氏に言いたいことがある」と切り出し、「人種差別政策で有名になった上院議員2人をほめたのを聞いて心が痛んだ」と語気を強めて批判した。バイデン氏はこの10日ほど前の政治献金集会で、政敵とも話し合って政策を進めることができると主張した際、人種差別者だった南部の上院議員2人と仕事をしたことを例に挙げていた。

さらに、1970年代に人種の融合を進めるためにバスで白人の児童を黒人居住区の学校に、黒人の子どもを白人居住区に運んだ「バッシング」という政策にバイデン氏が反対していたことも批判した。ハリス氏は、まさに、こうしたバスに乗って白人居住区の学校に通った1人だった。バイデン氏は「(批判は)私の立場を正確に表現していない」と語り、30年以上の議員生活で公民権運動に尽力してきたと反論した。

バイデン氏は討論会の翌日も自らの立場を釈明。だが、風向きが悪いことを察知し、黒人の多いサウスカロライナ州で演説した際に、人種差別者を例に挙げたことを謝罪したが、討論会からすでに9日が経っていた。問題はバイデン氏の政治思想や立場ではなく、速やかに反論する柔軟性や即応性がなかったことだ。黒人初の大統領だったオバマ大統領の副大統領を務めたバイデン氏は、黒人の間で支持率が高い。黒人であるハリス氏がトップに躍り出るためには、バイデン氏から黒人の支持を奪う必要があるのは火を見るより明らかで、こうした展開は予想できたはずだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング