「Apple丸の内」9月オープンで吹き始める新風 停滞していた日本の直営店戦略が、再び拡大

東洋経済オンライン / 2019年8月26日 19時30分

せまる開店に向けて仮囲いが施されるApple 丸の内。9月7日オープンの予定(写真:アップル)

アップルは8月26日、9月7日に東京・丸の内に直営店「Apple 丸の内」をオープンすると発表した。

アップルで直営店を担当しているリテール+人事担当シニアバイスプレジデントを務めるディアドラ・オブライエン氏からコメントを得た。

「日本で最も新しく、そして最大の店舗となるApple 丸の内をオープンすることをとても楽しみにしています。 アップルは、2003年に日本においてアメリカ外で初となる店舗をオープンして以来、このすばらしい国でお客様と築いてきた長い歴史を誇りに思っています。

Apple 丸の内によって、東京でのApple体験は最高のものとなります。われわれは、お客様をこのすばらしい新しいApple 丸の内にお迎えすることを、待ちきれない気持ちです」

同氏の言及にもあるとおり、丸の内に新たにオープンする店舗は日本で最大規模となる模様で、すでに日本でも展開され始めた新世代店舗の機能を合わせながら、世界各地の店舗で行われている「その土地に合わせた店舗デザイン」が施されるそうだ。

丸の内の建築といえば、東京駅のレンガ造りをはじめとして、日本の近代化に合わせて名建築がたくさん現れ、昨今のビルの建て替えで保存と復元が進められてきたエリアでもある。そうしたテイストを踏襲することになるのではないだろうか。

しばし停滞していたかに見えた日本の直営店戦略が、再び拡大に転じた背景について探る。

■アメリカ外では初出店となった銀座

アップルの直営店は、現在世界で最も注目される小売店だ。

長らく、高級ブランドのブティックを抑えて、床面積あたりの売上高トップを維持している。アマゾンをはじめとするオンラインコマースが成長し、小売チェーンの大崩壊を経験したアメリカにおいても、アップルの店舗はその存在価値を明確にしてきた。

アメリカの出店は、人々が多く住むエリアで30分ほどクルマで走れば店舗にたどり着けるよう配置されている。そして、新製品に触れるチャンス、サポートや修理をしてもらう場所、アクセサリーを見つけ、製品を生かしたクリエーティブやビジネスの学び舎として足が向くよう作り込まれていた。

iMac、iPod、iPhone、iPad、Apple Watchと、奇想天外な新製品を次々に送り出してきたアップルにとって、最良の状態で展示し、触れる機会を提供しているApple Storeと、よくトレーニングされたスタッフは、消費者に新しい商品を理解してもらううえで重要な役割を果たしてきた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング