バス・鉄道「共通1日乗車券」、普及すれば便利だ 欧米の「ゾーン運賃」には見習う点が多い

東洋経済オンライン / 2019年9月12日 7時0分

「東急線・東急バス一日乗り放題きっぷ」で乗れる東急バス(右)。左は川崎市営バス(筆者撮影)

東急電鉄が2018年4月27日より、当初は同年8月末までの「期間限定」として発売を開始した、「東急線・東急バス一日乗り放題きっぷ」が好評だ。その後、発売期間が2回延長され、2019年8月31日現在も発売が継続されている。名称の通り、東急電鉄と高速バスなどを除く東急バスの全線が1日乗り降り自由で1000円だ。

■バスも電車も1枚で

これは例えば、自宅近くのバス停から東急の駅までバス(神奈川県内だと1回210円)で出て、渋谷まで往復(例えば青葉台からだと片道270円)すれば、だいたい元がとれ、それ以上は乗れば乗るほど得という感覚で使える設定である。

バスから使いはじめる時は、まず東急バスのIC一日乗車券をバス車内で求め、駅で申し出て、差額490円の「東急線1日乗車券」を購入する手間がかかるが、「お得感」と「乗り降り自由」の使い勝手の良さがそれを上回って、人気を呼んでいるのであろう。

私も東急電鉄および東急バス沿線の住民であり、何度も使っている。

東京とその近郊を走るJR東日本と大手私鉄に加え、都営地下鉄、つくばエクスプレスにおける「一日乗車券」の発売状況を調べてみた。

実は1枚で、鉄道とグループ会社のバス双方がともに1日乗り降り自由のきっぷはかなり珍しい存在で、ほかには都営交通(地下鉄、都電、都バス、日暮里・舎人ライナー)すべてで使える「都営まるごときっぷ(700円)」と、一部、観光地向けのエリア限定のものがある程度だ。

■東急のような例は少ない

1000円の「東急線・東急バス一日乗り放題きっぷ」の場合だと、東急ワンデーオープンチケット(鉄道のみの一日乗車券・660円)と、東急バス一日乗車券(510円)を両方買うより割安である。

一方、一部エリア限定のものも含めると、鉄道が1日乗り降り自由となるきっぷを発売している会社はかなり多い。また、バスが1日乗り降り自由となるきっぷを発売している大手私鉄系列の路線バスも多く、Suica、PASMOなどのICカードにデータを書き込み、リーダーにタッチできる方式を採用している会社もある。

大手私鉄はすべてグループ内にバス会社を抱えているが、鉄道との一日乗車券の連携という面では、東急が先駆的な役割を果たしたのである。

日本の大手私鉄は、バス会社としてもかなり大手となる、地域内では独占的な路線網を張り巡らせている会社を傘下に持っている。鉄道のみならず、バス、タクシー、さらには流通業、不動産業など、さまざまなグループ企業の集合体が、日本の私鉄の一般的な姿だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング