小泉進次郎はなぜ「初入閣」を受け入れたのか 影をひそめる「アベ友」満載人事への批判

東洋経済オンライン / 2019年9月12日 8時10分

第4次安倍再改造内閣で、環境相に就任する小泉進次郎氏(写真:ロイター/アフロ)

第4次安倍再改造内閣が9月11日午後に発足した。

麻生太郎副総理ら、いわゆる政権の3本柱と岸田文雄政調会長を続投させて「安定」を維持する一方、麻生氏と菅義偉官房長官以外の17閣僚を総入れ替えし、国民的人気者の小泉進次郎氏を環境相で初入閣させ、令和新時代の政治の再出発に向けた「挑戦」をアピールした。

■「安倍政治の完結」目指すしたたかな安倍流人事

新内閣では、岸田、菅両氏や小泉氏ら、ポスト安倍候補に名前の挙がる6人を党・内閣の要職に配した。一方、石破茂元幹事長を蚊帳の外に置き、後継レースでの「石破潰し」にも腐心した。多くの新人閣僚や再入閣組には「アベ友」と呼ばれる側近グループを登用した点などは、「まさに安倍流のしたたかな人事」(細田派幹部)と受けとめられている。

今年11月下旬に史上最長政権という「大宰相の勲章」(自民長老)を手にする首相にとって、今回の人事は総裁任期が切れる2021年9月をにらみ、「安倍政治の完結を目指す」(側近)ための新体制づくりだ。

ただ、日本経済再生を目指すアベノミクスは道半ばで、悲願とする憲法改正実現への道筋もなお不透明だ。さらに、「日韓対立や日ロ交渉の停滞など外交も八方ふさがり」(首相経験者)なのが実態だ。このため、新体制でも安倍政権の「レガシー(政治的遺産)づくり」も難航必至で、「結果的に、東京五輪開催と令和改元という政治的記念碑にとどまる」(同)との見方も広がる。

7月の参院選に勝利し、過去に例のない国政選挙6連勝を果たした安倍首相は、8月後半の首脳外交の前後から人事工作を本格化させた。新人事を「安定と挑戦」と位置づける安倍首相はまず、内閣の大黒柱の麻生、菅両氏の留任を決めた。自民党ナンバー2として辣腕を振るう二階俊博幹事長については「副総裁格上げなどによる『二階外し』を模索した」(自民幹部)とされる。

しかし、二階氏周辺から「選挙に勝った幹事長を外せば、政権基盤が揺らぐ」との反発の声が噴出。9月3日の安倍首相と二階氏との短時間の直談判の結果、二階氏再任が決まった。安倍首相は岸田氏の幹事長昇格も視野に入れていたとされるが、同氏の政調会長再任も決めたことで、結果的に「3本柱+岸田」という政権の骨格が維持された。

■「挑戦」を象徴する小泉氏の起用

そうした中、安倍首相が最大の課題とした「挑戦」を象徴する人事が小泉氏の初入閣だった。これまでの人事でも首相サイドは小泉氏入閣の可能性を探ったが、前2回の総裁選で小泉氏が安倍首相のライバルの石破氏に投票したこともあり、小泉氏の意思もあって見送られてきた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング