ダイハツ「新型タント」買うならどのグレードか 競争激しいジャンルでの差別化ポイントは?

東洋経済オンライン / 2019年9月14日 8時0分

今年7月にダイハツが発売した「タントXターボ」(写真:ダイハツメディアサイト)

今や軽自動車の中での主力ジャンルとなった「スーパーハイトワゴン」。ホンダ N-BOXやスズキ スペーシア、日産 デイズルークスなど、各社がしのぎを削って競っているが、そのジャンルの元祖と言えるのが2003年に登場したダイハツ タントだった。初代はヒンジドアだったが、2代目からは助手席のBピラーを廃した「ミラクルオープンドア」を採用し、子育て世代に圧倒的な支持を集めていた。

そのタントが販売台数の面で先行するホンダN-BOXを猛追すべく、今年の7月に満を持して4世代目へとフルモデルチェンジを果たした。プラットフォームからすべてを刷新した「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用し、新世代のダイハツ車の第一歩となる新型タントを購入するとすれば、どのグレードがベストなのだろうか?

■基本グレードは標準、カスタムそれぞれ3つずつ

新型となったタントだが、先代と同じく老若男女を問わないプレーンなデザインの標準車と、エアロパーツやメッキパーツをあしらって押し出しの強いデザインを持ったカスタムという2本の柱を持つ。しかしグレード体系は先代に比べて簡素化され、ターボエンジンを搭載した標準車の「Xターボ」と「カスタムRS」、NAエンジンの上級グレード「X」と「カスタムX」、そしてロアグレードの「L」と「カスタムL」という各3グレードとなっている。

先進安全装備の「スマートアシスト」は全グレードに標準装備となっており、「L」にのみ非装着車の設定もあるが、差額はわずか8万円ということもあり、非装着車を選ぶ選択肢はほぼないと言えるだろう。

新型タントに搭載されるエンジンはNA、ターボともに型式こそ先代と同じKF型だが、可変バルブタイミング機構の省略やマルチスパーク(複数回点火)の採用、燃料噴霧方式の改良などにより燃焼効率を向上させ、環境性能を大きくアップさせている。

さらにトランスミッションのCVTにはスプリットギアを組み込み、ベルト+ギア駆動を可能にした「D-CVT」を採用したことで、よりスムーズな走りを実現した。

また、新プラットフォームの採用により、車両重量も先代よりも軽量化がなされており、NAエンジンでも十分な走行性能を持っている。

とはいえ、やはりファミリーカーとして使うのであればNAエンジンでは物足りなさを感じるシーンがあるのもまた事実。ターボモデルとXグレードの差額は7万5000円(標準車は9万円)ということもあり、できればターボモデルをチョイスしたいというのが本音だ。さらに後述するメーカーオプションでもターボモデルでしか選択できないものもあるのである。

■ターボモデルを選びたい理由

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング