新幹線の車掌さん、「英語放送」ただいま特訓中 「あなたの英語は勇気が出る」と、乗客も激励

東洋経済オンライン / 2019年9月17日 7時20分

JR東海が5月に行った異常時の外国人乗客対応訓練(撮影:尾形文繁)

増加する訪日外国人客への対応は東海道新幹線でも喫緊の課題となっている。JR東海は今年5月、異常時における外国人乗客への対応を想定した訓練を初めて実施。営業運転終了後の深夜にN700Aの車内で、パーサーが多言語対応ウェブサイトにアクセスする方法を外国人乗客に英語で説明する模様を報道陣に公開した。

しかし、新幹線を利用する多くの人は、通常時でも列車内で英語を聞く機会が増えていることを実感しているはずだ。

■英語放送「自分の口で」

東海道新幹線の車内で「まもなく名古屋です」という日本語のアナウンスに続き、「We are stopping at Nagoya Station」という英語のアナウンスが聞こえてきた。明らかに英語ネイティブとは違う、日本人の肉声だ。

JR東海は車内自動放送やスマホの翻訳アプリを使った英語放送を行っているが、2018年6月に緊急通報装置や非常ボタンの説明を乗務員が肉声で行うことにした(現在は自動放送化)。同年12月からは、到着駅と出口方向について乗務員が肉声でアナウンスしている。

同社は「丁寧な接客をするためには、自分の口で英語を話すことが重要」と、肉声放送を始めた理由を説明する。まず英語を話すことで苦手意識を払拭し、段階的に英語が上達すればいいという考えだ。

「お席を離れるときには貴重品にご注意ください」「強風のため速度を落として運転しています」といった英語の案内も、翻訳アプリではなく肉声で行われることがある。アプリと肉声のどちらを選ぶかは乗務員の任意。英語に自信がある人は肉声でもよい。

同社の乗務員2人に話を聞いた。大阪第二運輸所で車掌長を務める大橋敬左さんは平成元(1989)年生まれの30歳。「英語は中学、高校の授業の延長レベル。仕事以外の場で外国の方とお会いしたら一言も話せないかもしれない」と謙遜するが、制服姿での英語アナウンスは堂に入っている。

「ネイティブの話し方をまねてもうわべだけになってしまうので、日本人らしい話し方をして、日本人と外国人の両方が理解できるよう心がけている」と大橋さんは言う。

翻訳アプリには頼らず、できるだけ肉声で英語アナウンスをするよう努めており、「翻訳アプリは発音チェックなどの練習では使うが、実際の乗車時にはほとんど使いません」。

ほとんどのアナウンスの英語訳は頭に入っており、メモなどを見ることなく話せるが、「うろ覚えで話すのはよくないので、見える場所にメモを置き、何を言うかを必ず確認してからアナウンスするようにしています」。流暢に話すよりも情報を正確に伝えることに主眼が置かれているのだ。

■失敗を重ねつつ上達

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング