新型「N-WGN」実際に買うならどのグレードか 競合車種が多い中での差別化ポイントは?

東洋経済オンライン / 2019年10月4日 8時0分

また、カスタムには大型のリアスポイラーも備わり、明らかにスポーティな雰囲気を醸し出しており、足元も標準車がスチールホイールにホイールキャップなのに対し、カスタムはアルミホイールが標準となる点も差異となっている。

内装についてもアイボリーの暖かみのある標準車に対して、カスタムは黒系のシャープな色使いとなっており、この辺りもうまくキャラクター分けがなされているといえるだろう。

■機能面では標準車もカスタムも差がない

ただ、機能的な面でいうと標準車もカスタムもほとんど差がないと言える。機能面で違うのはカスタムが全グレードLEDヘッドライトになるところ、標準車ではL・ターボ以外はハロゲンヘッドライトとなる点(標準車のLにはオプションでLEDの設定がある)と、カスタムのL・ターボにのみ、本革巻ステアリングが標準装着される点くらいのものなのだ。

なお、標準車とカスタムの価格差はグレードによって異なるが15万~23万円(税抜)となっており、装備の違いと価格差、魅力を感じるほうでチョイスしてしまって問題ないハズだ。

“軽のNAエンジンは走らない“というイメージが強いかもしれないが、43kW/65N・mを発生するNAエンジンはなかなか元気で、リニアな加速感が得られるG-Design shift制御を持つCVTと相まって必要十分と思えるような走りを見せてくれる。もし、あなたがどちらかというと平坦な地形にお住まいで、高速道路を使っての遠出も頻繫にしないということであれば、NAエンジンでも不満を覚えることはないかもしれない。

一方、アップダウンが多い地域にお住まいの方や、高速道路での移動、多人数乗車が多いユーザーはやはりターボをオススメしたいところ。やはり動力性能に余裕があるというのは、すべてにおいて余裕が生まれてくるものだ。なお、LとL・ターボの価格差は標準車で15万円、カスタムでは7万円となっている。

■実際に買うなら標準車のL・ターボ

もし、個人的にN-WGNを購入するのであれば、標準車のL・ターボをチョイスしたいところ。NAとターボを乗り比べてしまうと、やはり動力性能的に上回るターボのよさを実感してしまう。

カスタムを選ばなかった理由としては15万円の価格差というものもあるが、カスタムのL・ターボのみN-WGNシリーズで唯一となる15インチアルミホイールを装着しており、ルックス的にはアリなのだが、どうも足元がバタバタする感覚が拭えなかったのだ。

また、カスタムのターボモデルだとシートがプライムスムース&トリコットのコンビシートとなり、質感としては高くなるのだが、異なる素材の表皮を組み合わせているからなのか、標準車のジャージー表皮に比べて硬さを感じてしまった。座り心地に関しても好みがあると思うが、個人的には標準車のシート全体で包み込むような座り心地が好ましかったため、結果的に標準車をチョイスする形となったのである。

この辺りは個々の好みによる部分でもあるので、購入を検討されているユーザーにおいては実際にディーラーに足を運んで乗り比べてみることをオススメしたい。クルマそのものの仕上がり具合は非常にレベルが高く、もはや下手なコンパクトカーは完全に凌駕したといってもいいほどなので、自分好みの仕様さえ見つけてしまえば購入して後悔することはないハズだ。

小鮒 康一:フリー(ライ)ター

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング