遺品整理人が見た「汚物・激臭・虫」より辛いもの 亡くなった途端、豹変する人がいる

東洋経済オンライン / 2019年10月6日 17時0分

孤独死の場合、とくに残された側は現実を直視できず、踏ん切りがつかないまま何年も引きずる方が多い。認めたくないというか。

そう考えると、できる限り早くご遺体がきれいなうちに発見されるに越したことはない。万が一に備え、最近顔見ないねと、お仲間が様子を見に来てくれるよう外での付き合いを増やすとか、お弁当の宅配を契約する、在宅医療を頼むなど、早く発見してもらえる方法を考えておくといいと思います。

――遺品整理も今年で5年ですね。

今も勉強、勉強です。工事現場のように作業工程が決まってるわけじゃない。1件1件違うから、こういう場合はこうしたほうがいいとか、その都度対応を変えて、新たな発見をしていかないと。

臭いや虫で近所に迷惑がかからないよう、部屋は閉め切ってエアコンを洗浄し、キッチンを磨き上げ、徹底的にきれいにする。その後、必ず玄関先に線香と仏花を供えます。きれいに部屋を明け渡すため、たった5分だけお供えして撤去する。そのために20分走って花を買いに行ったり。故人に安心してあの世に旅立ってほしいと思うので。

中村 陽子:東洋経済 記者

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング