流行の「骨盤矯正」を医師が危ういと感じる根拠 「骨盤の歪み」は整体・カイロでは治せない?

東洋経済オンライン / 2019年10月14日 7時10分

雑誌やテレビなどのマスコミで取り上げられることも多く、「骨盤矯正」の知名度は近年高まっている(写真:梅谷秀司)

美容やヘルスケアの分野で、「骨盤矯正」と称する民間療法が定着して久しい。人の腰部にある「骨盤」が歪むと、全身がアンバランスになり、腰痛や肩こり、冷え性の原因になる。また体型も崩れやすくなってしまうため、正しい位置に「矯正」する治療が必要であるとし、TVや雑誌などのメディアでも頻繁に取り上げられてきた。

とくに女性の間で、骨盤矯正は常識といえるほど浸透している。産後などに開いた骨盤が十分に戻らないと、腰痛を引き起こしたり、太りやすい体格になるとされている。1度の治療で終わるのではなく、複数回通院させることが一般的だ。高額な回数券を買わされる消費者も多い。

骨盤矯正を行うのは、接骨院や整体院、カイロプラクティックなどの民間治療院の施術者であり、医師ではない。施術は基本的に”手わざ”で、患者の下肢を動かし、体を押し引きしたりすることで、歪みが改善できるという。正確な統計はないが、最近、接骨院や整体院の大手チェーンが骨盤矯正を前面に打ち出して事業拡大をしているため、骨盤矯正を取り扱う店舗数も増加傾向にあると見られる。

■「骨盤矯正」という医学用語はない

しかし、腰痛などさまざまな症状の改善に役立つという骨盤矯正は、本当に効果があるのだろうか。根拠や効果について、医学的にはどう評価されているのか、複数の医師に話を聞いた。

「『骨盤矯正』という用語は医学的にはありません」。こう強調するのは、腰痛について複数の著書がある整形外科医の片田重彦氏である。

「そもそも矯正とは、正常状態から逸脱した骨関節などの変形を、ギプスやコルセットなどで正しい形に治すことをいう。骨盤は、きわめて丈夫な多数の靭帯で包まれていて、骨折でもしない限り変形はありえない」(片田氏)

施術の方法にも問題があると語る。記者が、骨盤矯正の施術風景を映したある治療院の広告動画を見せると、片田氏は眉をひそめた。

「腰を圧迫したり、足を急にひっぱったり曲げたりして、治療をしている。これでは効果がない。反射が起きて、動かなくなっている体を勢いよく動かせば、かえって痛みが悪化してしまうおそれがある」

腰痛治療に詳しい別の整形外科医もこう指摘する。「うつ伏せ状態で身体を押している治療院があるが、そのように骨盤を上から圧迫すると、締まりの位置で関節自体が動きにくいため治療効果が乏しいばかりか、場合によっては関節自体が傷つき、症状が悪化することもある。関節運動学を熟知した医師がこういう手技を行う場合には、側臥位(そくがい)といって、横向きに寝かせて関節を緩めた体勢で手わざを施す」。

■痛みの原因は骨盤ではなく「仙腸関節」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング