「FIT終了」で変わる住宅用太陽光発電の活用術 住宅大手は顧客サービスの充実を目指す

東洋経済オンライン / 2019年10月17日 7時50分

2019年10月を境に、電力会社には大きな転機が訪れるという(写真:pixelcat/PIXTA)

住宅用太陽光発電(以下、PV)の活用のあり方が今、大きな転換点を迎えようとしている。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT=Feed-in Tariff)において、発電電力(10kWh未満)の買取契約(10年間)が2019年11月から順次終了。「卒FIT」を契機に今後、これまでの売電から発電電力を活用するための新たな選択を求めるユーザーが増加するからだ。

「2019年問題」とも呼ばれるこの状況はビジネスチャンスを生むとされ、大手地域電力会社(東京電力など)、新電力会社、住宅関連事業者などが今、地域を超えた顧客争奪を展開している。本稿では、その中からハウスメーカーを中心とした動きを紹介しながら、住宅用PVの活用の行方についてまとめてみた。

■東日本大震災を契機に設置が拡大

PVは地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しないクリーンエネルギーであるほか、自家消費による光熱費の削減、非常用電源などとしてのメリットから、日本における住宅用は1990年代後半から本格的な普及が始まった。

太陽光発電協会による「太陽光発電の現状―制度の見直し検討と成長戦略―」という資料によると、住宅用PVの搭載件数は2017年度現在で累計237万7832件とし、日本にある全戸建て住宅2859万8700戸(2013年)の8.3%を占めるとしている。

東日本大震災が発生した2011年以降、とくに設置件数が伸びた。震災による影響は被災地だけでなく、計画停電の実施など東京電力管内全域、そして原子力発電所の稼働停止など全国的に及び、国民のエネルギー問題への関心が飛躍的に高まったからだ。

再生可能エネルギーの導入促進、自立・分散型のエネルギーシステムの構築により、地域経済の活性化や防災なども期待できることから、自治体自らPV設置に補助金制度を設け、その結果、新築だけでなくリフォームでの設置も活発に行われるようになった。

FITもPV普及に大きく貢献した。太陽光や水力、風力など再生可能エネルギーの活用拡大を目的に既存電力会社が買い取ることを法律で定めた助成制度であり、産業用も含め2009年11月に買い取りを開始。これにより、住宅用は売電収入で初期費用をまかなえるようになった。

住宅用の買取価格は当初1kWhあたり48円。以降、次第に減額されていき、2019年度は24円(出力制御対応機器設置義務ありの場合は26円)となり、買取価格に合わせるかたちで住宅用PVの年間設置件数は次第に減少している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング