グーグルスマホ新機能が日本で「使えない」理由 注目の「最先端センサー」は来春までお預け

東洋経済オンライン / 2019年10月19日 7時20分

グーグルの最新スマートフォン「Pixel 4」は10月24日に発売される。黒、白、オレンジの3色展開で、側面はすべてのモデルで黒いラバーバンドが施されている(撮影:尾形文繁)

日本上陸から早1年、アメリカのグーグルは10月16日、自社開発スマートフォン「Pixel 4(ピクセル4)」を発表した。第4世代となる今回の新製品でも、同社が強みとするAI(人工知能)などのソフトウェア技術を活用した新機能の満載ぶりをアピールする。

アップルのiPhoneなど、多くのスマホがデュアルカメラを採用する一方で、ピクセルはこれまでシングルカメラを貫いてきた。ただ今回から望遠レンズを加えて2つになり、離れた場所からでも画質が粗くならないズーム写真を可能にした。

■カメラや半導体が進化、AIの強みを発揮

また第3世代から採用された、暗い場所でも明るい写真を撮影できる「夜景モード」がさらに進化し、「天体写真機能」が加わった。夜間の星空の撮影も可能になり、天気がよければ天の川も撮影できるという。

従来は写真撮影の機械学習処理に使われてきたピクセル専用の半導体チップも進化し、つねにクラウドで処理せずとも、より多くの処理をスマホ上で完結できるようになった。例えば、音声AIの「グーグルアシスタント」や今回加わったボイスレコーダーアプリの自動文字起こし機能(現在は英語のみ)など、音声認識や自然言語理解はすべてスマホ上で行われる。

5.7型の有機ELディスプレイを採用した「4」、一回り大きい6.3型の「4XL」の2機種をそろえる。日本では4が8万9980円から、4XLが11万6600円から。10月24日に発売する。グーグルのネット通販サイトのほか、通信会社ではソフトバンクのみが販売する。

多くの新機能が加わった第4世代のピクセルだが、発売時に日本だけで使うことのできないものがある。レーダーセンサー技術を用いた「モーションセンス」と呼ばれる新機能だ。内蔵した小型センサーが発するレーダーが手の動きを感知し、画面に触れずともスマホの操作が可能になるという画期的なものだ。

手を伸ばすだけで前面のカメラが起動して顔認証でロックを外したり、端末のそばを離れた際に画面が消えたりする。さらにスマホの前で手をかざしてアラームを止めたり、手を素早く振って音楽の曲送りをしたりできる。運転や料理、入浴などの最中であったり、ほかのアプリを使っているときに便利だ。

ピクセル4は北米、ヨーロッパ、アジアの12カ国で発売されるが、この中で唯一日本だけが発売時にモーションセンスを利用できない。スマホにレーダーのチップが搭載されているにもかかわらずだ。背景には電波法の規制がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング