万年ダイエッターが間違えている「減量」の根本 今年こそやせたい人の失敗しないダイエット

東洋経済オンライン / 2020年1月4日 7時40分

年末年始は体重が増えてしまいがち……。無理せずきれいにやせるためのダイエットプランをご紹介します(写真:Fast&Slow/PIXTA)

忘年会や新年会にお正月。豪華な食事をたくさん食べたり、ゆったり体を休めたり……そんな時期が終わるころ、気づいたら体重が増えていてショックを受けた……という方もいるかもしれません。反対に「今年こそはダイエットを成功させたい」と、目標に向かって燃えている方もいることでしょう。

今回のテーマは、いつの間にか増量してしまった方にも、絶対ダイエットを成功させたい方にも知ってほしい「失敗しないダイエット計画の立て方」です。『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』の著者、佐久間健一氏が、無理せずきれいにやせるためのダイエットプランについてご紹介いたします。

■体重は後半になればなるほど減りにくい

ダイエットを失敗する人に圧倒的に多いのが、目標が高すぎるケースです。高すぎる目標に現実が追いつかず、途中で心が折れて挫折しやすくなるのです。せっかく頑張っていたのに、その頑張りが水の泡になるのは悲しいですよね。だからこそ、挫折しないようにダイエット計画を立てていきましょう。

まず「いつまでに〇〇㎏落としたい」という目標を立てる場合に大切なのが、その数値です。ひと月に落とす体重の目標は元の体重の5%までにしてください。つまり体重60㎏の人ならひと月に3㎏減が目安です。それ以上のペースで体重を落とすと筋肉が減ることになり、リバウンドしかねません。

もちろん、もっとたくさん体重を落としたいという方もいるでしょう。そういった方は数カ月かけて体重を落としていくことになりますが、このときはペース配分にひと工夫を。

例えば体重60㎏の人が、2カ月間で5㎏落としたいと考えているとしましょう。この場合、ひと月に2.5㎏ずつ落とそうとする方が多いのではないでしょうか。しかし、後半になればなるほどやせにくくなるケースが一般的です。だから前半のウエイトを高めたほうが無理なく目標体重に到達できます。つまり、前半の1カ月に多めの3㎏、後半の1カ月で少なめの2㎏減少を目指すといいでしょう。

ただ、数値目標やペース配分以上に大切なことがあります。それは「やせて何がしたいのか」「どんな生活を送りたいか」ということです。これはダイエット成功の絶対条件です。ただ「3㎏やせたい」だけを目標にしていると、達成後に安心して元の生活に戻り、ダイエット前より太ることにもなりかねません。

3㎏やせたいのはなぜか、3㎏やせていたときは何があったのかを考えていくと「24インチのパンツがはけた」「もっと自分に自信があって、いろいろなことにチャレンジできていた」など具体的に思い浮かんでくるでしょう。ぜひ「やせて何がしたいのか」を考えてからダイエットに挑戦してください。

■毎日どのくらいカロリーを抑えればいいのか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング