エジプト版「明治維新」が失敗した本質的理由 戦い急いだエジプトと力を蓄えた日本の差

東洋経済オンライン / 2020年1月18日 7時50分

エジプトの近代化への改革はなぜ失敗したのでしょうか? 写真はカイロにあるムハンマド・アリ・モスク(写真:HiRo/PIXTA)

日本の政治・経済・社会の大変革を成し遂げた明治維新。同じように近代化を目指したのがアフリカの大国エジプトですが、その改革はエジプト社会に光と闇を生むことになります。『あなたの教養レベルを劇的に上げる 驚きの世界史)』の著者、尾登氏にエジプトの近代化への改革について歴史を流れとともにわかりやすく解説してもらいました。

■エジプトにやってきた西洋の衝撃

第7回十字軍の混乱の中で生まれたエジプトのマムルーク朝は、1517年に「イスラムの盟主」オスマン帝国に滅ぼされ、その支配下に入りました。

ところが、16世紀からオスマン帝国の無敵神話は崩れ始めます。エジプト南部は、かつては小麦の一大産地でオスマン帝国の穀倉庫でしたが、土着の領主がフランスから生糸や綿花を取り入れて栽培し始め、フランスや仏領西インド諸島と経済的に強く結び付き、フランスの世界的な商業ネットワークの一翼として取り込まれてしまいました。

ナポレオンの時代、フランスはイギリスのインド支配の打破と通商路の破壊を目指してエジプトに侵攻。マムルーク主体のエジプト軍は、カイロ西部のインバーバで行われた「ピラミッドの戦い」でナポレオン軍に大敗を喫し、2年間ではありますがフランスの支配を受けることになります。

この敗北によりエジプト人は西洋の軍や技術の脅威をまざまざと見せつけられました。フランスの支配はエジプト人に民族意識や攘夷意識を芽生えさせ、カイロでは大規模な抵抗運動に発展しました。この人々のエネルギーを束ねて近代化を目指したのが、エジプトの維新の立役者、ムハンマド・アリーです。

ムハンマド・アリーはオスマン帝国のアルバニア人非正規部隊を率いてフランス軍との戦いに参戦し、そこから急速に頭角を現していきます。

ナポレオンのフランス軍が降伏しイギリス軍も撤退した後、エジプトは諸勢力が主導権をめぐって争う内戦状態に突入します。ムハンマド・アリーはその中で競争に打ち勝ってエジプト人の支持を得て総督に就任。オスマン帝国の承認も得ることに成功します。

■ムハンマド・アリーのエジプト維新

エジプト総督となったムハンマド・アリーは、オスマン帝国の名目的な宗主権の下、実質的な独立国を築き近代化政策を進めていきます。

まずムハンマド・アリーが乗り出したのは軍事改革です。それまでの特定の部族や集団に依存していた軍の組織を廃止し、初めてエジプト農民に徴兵制を敷き兵力を増強し、フランス人の軍事顧問を招聘し訓練を施しました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング