「鬼滅の刃」と「100ワニ」超ヒット漫画の共通点 「100日後に死ぬワニ」が超大ヒットした理由

東洋経済オンライン / 2020年3月28日 17時0分

今年話題の人気漫画『100日後に死ぬワニ』と『鬼滅の刃』。両作には意外な共通点がある(画像:「100日後に死ぬワニ デジタルコンテンツ特設ページ」https://www.m-up.com/special/100wani/より)

大ブームを起こしたTwitter連載マンガ『100日後に死ぬワニ』が3月20日に100日目を迎え完結した。この原稿を書いている時点でRT数は76万オーバー、いいねは222万を記録している。Twitterでバズるマンガは多いが、この数字は桁違いといっていい。

最終回である「100日目」の発表と同時に展開された関連企画の告知によって、一転して多くの批判も噴出しているが、今回の原稿ではプロモーションまわりについてはひとまず置いておく。

ここでは完結後のあれこれに隠れて、すっかり語られることがなくなってしまったこの作品が「何が新しく、特別だったのか」を改めて考えておこうと思う。

■『100日後に死ぬワニ』が超ヒットした理由

『100日後に死ぬワニ』は、「100日後に死ぬ」というフレームの面白さがあると同時に、Twitterというメディアと非常にうまくマッチする作品だった。

「100日後に死ぬ」という部分についてはすでに多くの人が指摘しているだろう。例えば伊集院光はラジオでこれを「発明」と表現している。「100日後に死ぬ」と書くことで、主人公のワニが体験するあらゆる「普通のこと」に意味が加わる。

言い換えれば、何気ない日常にドラマ性が付与されるということだ。『100日後に死ぬワニ』の1日1日には基本的に特別なドラマはない。だが、その特別なドラマのなさ自体が、作品のメッセージ性と直結している。

死にはドラマや脈絡はなく、自分たちにとっても今日が「あと100日」の日かもしれない。「ドラマ性のない今日を生きる」ということの意味を鮮明にする、発明的なタイトルだ。

そして、この「100日後に死ぬ」というつくりは連載形式としても画期的だった。「100日後に死ぬ」というフレームは、これまでの雑誌連載マンガからはなかなか生まれにくい。

日本のマンガは長らく「連載」という形式を主流としてきた。戦後しばらくまで、赤本漫画や貸本漫画といった描き下ろし単行本文化が存在しているものの、週刊少年誌の登場などにより、徐々に時代の主役は雑誌に移り、マンガの中心は連載になっていく。それは、おおよそ現在も変わっていないといっていい。

この連載という形式はなかなか特殊な創作様式だ。ひとつの物語が始まったとき、いつ終わるかがハッキリ決められていないことが多いのだ。つまり、人気や単行本売り上げが伸び悩めば終了になり、一定の支持を獲得できれば連載は続行となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング