学費のためパパ活までした16歳が語った"絶望" 家庭内DVと親の離婚・再婚を経た少女の決意

東洋経済オンライン / 2020年4月6日 10時0分

親から虐待、離婚、父の再婚……。ついに学校をやめた16歳が思い描く未来は?(筆者撮影)

取材応募フォームから連絡をくれたのは、16歳の女の子でした。両親から受けてきた虐待のこと。大手企業に勤める高給取りの父親が浮気を繰り返していたこと。母親の精神疾患、知的障害のある姉のこと。親の離婚、再婚を経て、そんななかでも自分の夢をかなえるために手を染めた援助交際がつらかったこと。

抱えてきた思いを吐き出すような、少し混乱した、でも力のある文面でした。

連絡がついたのは、返信を送ってから約2カ月後です。冬のある日の夕方、彼女が暮らす関西の街を訪れました。待ち合わせた駅の改札に、目印の傘をちらつかせながら立っていると、女の子がそっと近づいてきました。10代らしい幼さと、大人びた話し方。そのアンバランスさは、厳しい環境で育った子どもにときどき見かけるものです。

「今日ちょうど、高校をやめてきたんです」と話す彼女に、なんと返事をしたものか。「おめでとう、でいいのかな?」と尋ねると、微妙な笑顔でうなずきます。少し歩いて、樹木に囲まれた飲食店に入り、小さい頃からのことを聞かせてもらいました。

■孤立した母の期待が自分に集中していた

園部ゆきさん(仮名)は幼い頃、両親と姉と、4人で暮らしていました。経済的には余裕がある家庭でしたが、小学校に入る前から母親に手をあげられており、小4の頃から暴力が一段とエスカレートしました。同じ時期、父親もゆきさんへの虐待に加わります。

母親はしょっちゅうお酒を飲んでおり、ゆきさんはいつも「母の慰め役」。うつの症状もあった母親は、ゆきさんが小5の頃に適応障害の診断を受けました。

ゆきさんの状況を見かねた学校が、児童相談所に虐待の通告をしたのが小6のときです。このとき彼女は「頭にたんこぶを7つも作って、手もグーできないくらいに腫れ、傷まみれ」だったそう。手が腫れたのは、殴られるときに頭を守ろうとしたためです。

母親の暴力について、ゆきさんはこんなふうに話します。

「母は(知的障害があった)姉のことを『人一倍、ちゃんとみていかなきゃいけない』みたいに思って、自分を戒めるタイプやったんかな。“ふつうの子”を育ててる人との差を感じたりもしたのか。それで地域からも孤立していて。父親は浮気を繰り返し、母にとっての支えではなかったし。

そういうなかで、私に期待が集中したのもあります。自分が死んだときに、ちゃんと(姉とゆきさんが)2人で生きていけるようになってほしい、という感じで育ててたんで。でも私、すごく忘れっぽかったんですよ。1日3つは忘れ物をするのがデフォルト、みたいな。それを母は『なんで直らへんのやろ』って思い悩んで、たぶん誰にも相談できなくて、手が出ていたと思うんです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング