「国家安全法」の背後にちらつく中国の脆弱さ 揺らぐ共産党一党支配、危機感ゆえの強硬策

東洋経済オンライン / 2020年6月3日 7時10分

全人代の日程は4月下旬に決定され、5月22日からとなった。するとその前日、全人代の報道官が香港の国家安全を維持するための法律を審議すると記者会見で発言し、さらに全人代初日の22日、李克強首相が政府活動報告で具体的に説明したことで世界中が大騒ぎとなった。

ここまでを見ると、全人代開催までの期間を使って、民主派の動きを抑え込むとともに、香港政府が政府方針に従うよう環境を作るなど、中国政府の用意周到さがはっきりする。

次は中国政府の理屈である。香港は一国二制度のもとで「高度な自治」が認められている。中国本土の法律は香港には適用されないという原則があり、香港には外交や国防を除く分野で立法権が与えられている。今回の方針はこうした原則に反する。それをどう正当化するのか。5月24日に行われた王毅外相の会見で、中国が作り上げた理屈が明らかになった。

まず、国家の安全は中央政府の権限である。そして中央政府はすべての地方行政区域の国家安全に最終的責任を負っている。香港では2019年、独立組織や過激な分離勢力が猛威を振るい、暴力テロがエスカレートし、外部勢力がそれに不法に関与した。この結果、香港の動きは中国全体の国家安全に深刻な危害をもたらした。もはや国家安全のための法制度と執行メカニズムを確立することに一刻の猶予もない。

また、今回の全人代の決定は、国家安全に深刻な危害を及ぼす極めて少数の行為を対象にしており、香港の高度な自治に影響を与えず、香港住民の権利や自由に影響を与えない。外国の投資家の権益にも影響を与えない。法制度ができれば、むしろ一国二制度の維持に有利となる。王毅外相の説明を要約すると、以上のようになる。

2019年に香港で起きた混乱は、反政府勢力と外国勢力によって引き起こされた国の安全を脅かす事態であり、一刻も早く香港の安全を確保するための法律が必要である。国の安全を守るのは国家の責任であるから、政府が香港に代わって法律を作るのは当然であるという理屈だ。

都合のいいところだけ取り出した論法は国内向けには通用するかもしれないが、対外的にまったく説得力がないことは言うまでもない。

まだ法案の具体的内容は明らかになっていないが、法律が成立すれば、香港でも政府を批判する言論やデモなどの活動が違法となるばかりか、海外の組織との連携も取り締まりの対象となるだろう。取り締まりのための政府組織を香港に設置することも打ち出されており、民主派活動家に対する監視活動などが厳しくなるだろう。

■中国にとっては2度目の挑戦

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング