フォション破綻報道に驚いた人が知らない真実 日本に影響は全くなく商品提供も従来通り

東洋経済オンライン / 2020年7月4日 13時20分

日本でも知名度が高いフランスの高級食料品店「フォション」が破綻したというニュースが話題となったが……(筆者撮影)

フランスの「FAUCHON(フォション)が破綻した」というニュースが飛び込んできた。

共同通信は6月26日付で、「130年以上の歴史を持つフランスの高級食料品店フォションは25日までに、パリ中心部にある本社と店舗を運営するグループ企業に関し、商業裁判所へ更生手続きを申し立てたと発表した。事実上の破綻」とする記事を配信した。これを受けて日本の地方紙やテレビ局なども同様の内容を報じている。

フォションは、日本でもジャムや紅茶などでおなじみの老舗ブランドなので、驚いた人も多いだろう。この文章を書いている私も、「あのフォションが……」と信じられない気持ちになった。思わずニュースをSNSでシェアした人もいると思う。

■「フォション」は本当に破綻したのか

だが、検証してみると意外な事実が見えてきた。

フォションは創始者のオーギュスト・フォションが1886年に、パリのマドレーヌ(8区)に店をオープンしたのが始まりで、今や世界的な有名ブランドとなった。パリの本店には、チョコレートやケーキ、ワインやサーモン、フォアグラなどがきらめくように並び、パリの観光スポットとしても知られている。

日本では1972年から髙島屋が取り扱いを始め、1980年からは同社とのライセンスビジネスがスタート。全国に店舗がある。

そんなフォションの、今回のニュース。日本の事業を展開するフォションの関連会社に話を聞くと、実際は「フォション破綻」というショッキングな見出しから受けるイメージとはかなり異なっている。フォション自体が経営破綻したわけではなく、内容はこうだ。

現在のフォションの親会社はGROUPE FAUCHON S.A.。今回ニュースとなったのは、数ある関連会社の1つ、FAUCHON S.A.Sで、まず、親会社の話ではない。

FAUCHON S.A.Sはパリのマドレーヌ広場にある本店を含む路面店・2店舗を経営しており、この2店(「FAUCHON LA MADELEINE」「FAUCHON PARIS, 24-26 PLACE DE LA MADELEINE」)の運営が、新型コロナウイルスの影響などにより立ち行かなくなったため、FAUCHON S.A.Sがパリの商事裁判所に申請し、2店の運営に関する更生手続を行った。

さらにいうと、今回の更生手続きは、FAUCHON S.A.Sの全事業のうち、2店舗の運営に関してのみ。この関連会社自体が倒産したわけでもないという。もちろん、親会社も健在だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング