テスラの株価もマスク氏の報酬も超バブルだ 時価総額はトヨタ超、マスク氏報酬は6兆へ?

東洋経済オンライン / 2020年7月7日 8時0分

そもそも、電気自動車もガソリン車も車は車だ。用途が革命的に変わるわけではない。技術革新により、未来は今想像もしなかったような車の使い方が生まれるわけではない。だから、既存メーカーにとって特に怖くはないのだ。

むしろ、自動運転やカーシェアの方が革命を起こす可能性がある。

もちろん、既存のメーカーはこれをわかっているから、そちらへの投資競争は激しい。自動運転については、米グーグルなどの先端AI技術のプレーヤーが主導するのか、あるいは自動車メーカーが主導なのか、それが大きな違いだが、両グループが共同でやることになるのは間違いがなさそうだ。どのメーカーが勝ち残り、どのメーカーが衰退していくかというのはあるが、それはテスラも既存のメーカーも、同じ土俵に乗っていると言える。

カーシェアはもっとも恐ろしいインパクトがあり、自動車メーカーがすべて潰れるリスクがある。なぜなら、世界での自動車の必要台数が、5分の1以下になるという試算もあるくらいで、ともかく、総台数が激減するから、産業全体が危うい。

このとき、テスラは、まだ生産台数が少ないから生き残りやすいという考え方もある。一方で、財務的にリスクをとりすぎているから、やはりトヨタの方が有利だ、との両方の見方もある。いずれにせよ、テスラの高い株価を正当化するのとは逆の方向だ。テスラは所詮、重厚長大産業の古い産業、古い商品の領域のプレーヤーなのである。

■「ステイタスブランド」というおいしいポジション

しかし、より大きな壁となるのは、テスラ車の価格の維持、1台あたりの粗利益率の維持の難しさだ。

そもそも、なぜテスラは今高いのか。それはバッテリーが、という答えが来るだろうが、間違いだ。

ここでの問題は「どうみても割高なのに、なぜテスラ車を買う人がいるのか」という問題である。

答えは、当然、ブランドだからである。

テスラ、というブランドを買っているのである。

テスラに乗っている、ということがステイタスなのである。環境意識が高い、世の中でもっとも進んでいる、人とは違う、自分もイノベイティブだ、など、自己主張のために買っているのである。

このようなステイタスブランドの利益率はものすごく高い。なぜなら、価格は高ければ高いほど、ステイタスとして意味があるからである。普通の人には入手できないほど高い。それを持っているのはごく限られた人である。誰もが買えれば、ステイタスブランドにはならない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング