テスラの株価もマスク氏の報酬も超バブルだ 時価総額はトヨタ超、マスク氏報酬は6兆へ?

東洋経済オンライン / 2020年7月7日 8時0分

したがって、テスラは「生産台数トップ」の壁も「利益率を維持する壁」も高すぎて越えられない。ファンダメンタルズ、業績から行けば、いつになっても、現在の株価は正当化できるようにはならない。したがって、現在の株価は明らかにバブルなのである。

しかし、バブル的な株価が維持されている企業はこの世にたくさんあるので、すぐにテスラ株が暴落するわけでない。投資家たちが大方売り抜けて、バブルに飽きたら、バブルあることをやめ、崩壊するだけのことだ。

■テスラ株はいかなる意味でもバブル

最後に、「自動運転などの技術革新でテスラがほかを圧倒する。真に技術のアドバンテージを持っているから、世界一になる」、というシナリオが残っているじゃないか、という声もあるかもしれない。そう信じたい人々もいるかもしれない。

しかし、それもあり得ない。前述のように、そうであれば、トヨタの方が、同じ自動車という用途の中で、実験や進歩、革新を得ていくわけだから、経験値、実績値、既存の顧客の多さというのがアドバンテージになるはずだ。

いや、むしろ「身軽な技術だけに絞った、研究開発に絞った方が強い」、というかもしれない。だが、そうであれば、テスラはメーカーであり、すでにトヨタと同じように不利だ。アルファベットのようなグループ、あるいは、それだけに絞った新興企業が有利なはずで、テスラではない。

テスラもトヨタも、誰と組むか、ということであり、その組み方で勝敗が決まる。その意味では、テスタとトヨタと五分五分というのなら、まだ合理的かもしれない。ただし、それなら株価も五分五分であるはずで、テスラの株価は、現在の10分の1以下になるはずだ。

よって、テスラの株価は、いかなる意味でもバブルなのである。

小幡 績:慶應義塾大学大学院准教授

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング