「自粛中の婚活」を成功させた37歳男性のやり方 年収800万と好条件なのに結果が出なかった

東洋経済オンライン / 2020年7月9日 8時0分

今回は、LINEやメールに不精な受け身の婚活をガラリと変え、運とタイミングを味方につけた37歳男性の成婚物語です(写真:nathaphat/iStock)

婚活を成功させるためにいちばん大切ことは、“本人のやる気”と行動力だ。しかし、どんなに努力をしても相手の気持ちが手に入らないことはあるし、“ご縁”という言葉があるように、タイミングや運も大きく関係してくる。仲人として婚活現場に関わる筆者が、1人婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしている連載。今回は、「婚活のやり方を大きく変え、運とタイミングを味方につけた37歳男性の成婚物語」を綴る。

■2年間の婚活では、結果が出せず

1月第2週の土曜日、悟(仮名、37歳)が入会面談にやってきた。

「35歳のときに結婚相談所に入って、2年間婚活をしてきたのですが、まったく結果が出ませんでした」

誰もが知る有名私大を卒業後、大手企業に就職。年収も800万円近くあるという。身長は180センチあり、スリムな体型で清潔感もある。条件や見た目からは、結婚できない要素が何ひとつ見当たらなかった。

「相談所では、何人の女性とお見合いしたんですか?」

こう聞くと、驚きの答えが帰ってきた。

「7人です」

結婚相談所で2年間活動し、そこで7人しかお見合いしていないというのは、あまりにも数が少ない。彼の条件なら、1カ月でその回数のお見合いができたはずだ。どんなペースで活動してきたのか。

「お見合いをしてお付き合いに入るんですが、盛り上がらなくて、1回か2回食事をすると“交際終了”になるんです。そこまでで3カ月くらい経っている。お付き合いが終わるとまた一からやり直しになるので、1年があっという間でした」

ここまで聞いて、悟の婚活の仕方が根本的に間違っていることを指摘した。

「結婚相談所には、“仮交際”と“真剣交際”の区分がありますよね。なぜだかわかりますか? 婚活の出会いは生活圏内のそれとは違って、結婚を目的に男女が出会うから、この2つの期間が必要なんです」

生活圏内の出会いは、人柄がわかってから恋愛になる。そして、恋愛期間を経て結婚へとつながる。しかし、婚活の出会いは、プロフィールに記された条件はわかっていても人柄が十分にわからないまま交際がスタートするのだ。

「仮交際は、お人柄を見る期間なんですよ。交際になったら、短期間のうちにたくさん会うことが大事なんです。3カ月のうちに1~2度しか会わなかったら、お相手が抱く悟さんへの印象はすでに薄くなっています。もうテンションが下がっている状態。人間関係が出来上がっていないのだから、一度下がったテンションは二度と上がりません」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング