リニア「ルート変更」静岡知事が明かす発言の裏 JR東海社長への「あいまい対応」の理由も説明

東洋経済オンライン / 2020年7月13日 7時20分

知事は「工事はトンネルと関係ないと見ることもできるし、一体だと見ることもできる」と述べ、いったんは解釈が変えられる可能性に言及したものの、その後に「坑口の整備はトンネル工事と一体だというのが共通の理解だ」と整備を認めない立場をあらためて明確にした。

ここで、次官は話を別の方向に振った。「私たちのほうから大井川流域市町の首長に直接お話ししたい」。知事は2年前から各首長と一致団結していることを強調したが、次官は「今の状況を踏まえた新しい提案だ」として、「あらためてどういう懸念があるのか、一致点を見出す余地はないのかを知りたい」と話した。

知事は、昨年の国交省、静岡県、JR東海による三者協議を巡る国と県のごたごたや有識者会議の公開方法で県と国交省が対立していることを引き合いに出し、「誰が来るんですか。いったん信用を失った人が来ても誰も話を聞かない」といったんは否定した。しかし、その後、「万機公論に決すべしです。私が自分で決めているわけではない」として、国交省が流域首長と直接対話することを容認し、会談は終わった。

所要時間は1時間弱。当初予定は30分だったので、倍近い時間が議論に費やされたことになる。この間、藤田次官は坑口整備の開始について論理的に攻め続けたが、結局、川勝知事から言質を取ることができなかった。会談中、川勝知事は、国交事務次官人事に関する新聞記事を読んだとして、「まもなくほかの職に移られるというのに最後まで職責を果たそうとしている」と、藤田次官をたたえる余裕すら見せた。論理では藤田次官が勝っていたが、話術では川勝知事が一枚上手だった。

会談終了後の記者会見で、藤田次官は、「条例の手続きの問題を議論しているときに安全の問題がどのように関係しているのか。安全の問題は必要な法令で対処するべきであり、条例とは関係ない。知事の説明は理解しがたい」と話した。

報道陣から次官に対して、「静岡県のせいで遅れているわけではないと次官の口から表明してほしい」という要望も出た。県外から見ているとあまり気にならないが、静岡県内には「静岡県のせいで」と感じている人が多いようだ。次官は「誰のせいという次元の議論ではない。大事業に困難な状況はいくつもあり、問題があれば解決しましょうということ」と答えた。

続いて会見の席に現れた川勝知事は、「次官が何が不安か具体的に示してほしいと言ったので、坑口の作業をする人の安全をどうするかという具体的な話をした。県は現場を見ているが、とても仕事をできる状態ではない」と早期の着工は現実的に困難という見解を示した。ただ、条例に安全面の項目がない点は、その後に県の事務局が認めた。

■知事「金子社長は条例熟知していなかった」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング