スタバとタリーズ「グッズ戦略」の決定的な違い キャラとのコラボか、独自商品の打ち出しか

東洋経済オンライン / 2020年7月23日 17時30分

その中には、日本で初めて作られたコーヒーカップを現代に復刻した「Mikawachi」(三川内焼。長崎県発祥)や、「マグ三唐草」(砥部焼。愛媛県発祥)などもある。アメリカで誕生したスタバが、こうした“ディスカバージャパン”にこだわるのも興味深い。

■グッズの役割は「売り上げ」よりも「彩り」

経営の視点から見ると、カフェのグッズの利益率は低い。飲食がメインの業態なので、総売り上げに占めるグッズの割合も低く、タリーズの場合で数%だという。

それでも各社が取り組むのは、コーヒータイムを豊かにする「彩り」(いろどり)の意味もあるからだ。「選択と集中」型経営が重視されると、目をつけられそうな分野だが、潮流も変わりつつある。withコロナで定着した「おうちカフェ」だ。

筆者は、一連の「外出自粛」時期に行ったカフェの取り組みも調べているが、人気店の多くは、オンライン販売でコーヒー豆や関連器具が売れた。消費者は、なじみの店や興味のある店の商品を買うことで、(無意識のうちに)ブランドとつながろうとしたのだ。

盛夏になればコーヒー豆の売れ行きは落ちるだろうが、秋以降は戻るかもしれない。先の読めない閉塞感を自分なりに楽しもうとする時代性――。そう考えると、キャラクターのカップや和モダンのカップには、飲食時に寄り添ってくれる役割がありそうだ。

高井 尚之:経済ジャーナリスト、経営コンサルタント

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング