「フォートナイト」がアップルに反旗を翻す理由 急成長のアプリ内課金市場で何が起きているか

東洋経済オンライン / 2020年8月17日 18時0分

世界中に3億5000万以上の登録ユーザーを抱える人気ゲーム「Fortnite」(筆者撮影)

世界中に3億5000万以上の登録ユーザーを抱える人気ゲーム「Fortnite」を運営するアメリカのEpic Gamesが、アップルとグーグルを批判するパロディ動画をゲーム内で配信して話題を呼んでいる。

スマホアプリを通じた売り上げは上昇の一途を辿っており、アメリカのボストンのコンサルタント企業・Analysis GroupがアップルのApp Storeを通じて流通する無料・有料アプリを通じた経済活動が5190億ドル(約55兆7728億円)に達すると6月に発表している。

その多くは物販サイトなどでの売り上げだが、デジタルグッズ、コンテンツの売り上げに限るならばゲームは、出会い系や婚活などのマッチングアプリと並んで大きな売り上げを出すジャンルになっている。

■アップルとグーグルはFortniteを削除

ことの発端は8月14日、Epic Gamesが独自の課金システムをスマートフォン向けFortniteに導入したこと。アップルとグーグルはアプリ内課金を利用する際、それぞれの配信マーケットを通じた決済する利用規約を設定しているため、両社はFortniteをマーケットから削除した。

同ゲームはゲーム専用機やパソコン向けを含め多様なハードウェアで遊ぶことができる。アメリカの調査会社のSensor TowerによるとiPhone向けFortniteは今年7月だけで200万が新規にダウンロードされ、3400万ドルの売り上げが計上されていた。

Epic Gamesはこれまで、アップルやグーグルが徴収しているアプリ内課金の手数料が3割に達することに不満の声を挙げてきたが、今回、両アプリ市場から退場させられたことでEpic Gamesは世界中にいるFortniteユーザーを巻き込んだ”闘争”を仕掛けた。

アップルとグーグルが独占するアプリ配信市場における手数料問題は、しばしばその割合が問題となり、独占禁止法に絡んでアメリカ議会において公聴会も開かれている。しかし、さまざまな事情を考慮したとしても、状況はEpic Gamesにとってあまりよいものではない。

ここで”闘争”と表現したのは、Epic Gamesがゲームコミュニティーに対し、プラットフォーム独占によるアップルとグーグルの支配を打ち破ろうと呼びかけているからだ。同社が発表したビデオは、アップルが初代Macintoshを発表した際に使われた、ジョージ・オーウェルの『1984年』を元にしたCMをパロディーにしていからだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング