コロナ感染、28歳の彼が味わった隔離7日全記録 本人、同居人、職場など周囲には何が起こったか

東洋経済オンライン / 2020年9月28日 18時0分

コロナにかかった彼が見た嘘偽りない現実をすべてつづろう(写真:プラナ/PIXTA、写真はイメージ)

あなたの周りにコロナに罹患した患者はいるだろうか。そして、もしも“いた”としたならば、そのときあなたはどんな対応ができただろうか。

9月25日現在、日本には累計約8万1000人のコロナ陽性者数がいる。人口約1億2650万人に占める割合は0.06%。確率だけで考えれば出会う可能性は極めて小さいように思える。

沢田耕平さん(仮名・28歳)も同じように「自分とは関係ないだろう」という感覚を持っていた1人だった。東京のとあるパーソナルトレーニングジムで働いており、ジムで鍛え上げられた筋肉の鎧に、カゼ一つ引いたことがない免疫力の高さもあれば当然だろう。(関係者のプライバシーに配慮して一部の事実を脚色しています)

■身体は大丈夫だったが精神的に追い詰められた

そんな沢田さんが、新型コロナウイルスに感染したと判明したのは8月20日のことだった。

「まさか……でした。今になって思い返せば、変に体力に自信があったからナメていたんですよね。自分の軽率な行動で、会社やお客さん、家族や友人などに大きな迷惑をかけてしまって……身体は大丈夫だったんですけど、精神的にはかなり追い詰められていました。ただ僕の場合は、周りの人のおかげでつぶれずに済んだのだろうと思えます」

症状のほうは幸いにして命に別条のない軽症で済んだ沢田さんは、行政により7日間のホテル隔離を体験した。その経験は、沢田さんにとって、コロナで死ぬこと以上に社会的に殺されてしまうのではないかという恐怖。そして、周囲の人たちの反応がどれほど希望になるかを教えてくれたという。

症状が発覚した日から付けはじめた沢田さんの手記を基に、その顛末を記してみたい。

●沢田さんの手記

8月23日(日曜日)
本日は休日。昨晩は遅くまで友人と飲んでいたため昼に起きたのち、一緒に住んでいる彼女と渋谷へ。買い物につきあった後、居酒屋で焼酎2本飲んでいたらなんとなく身体がだるくなり23時頃に帰宅。すぐに寝たが、午前1時頃に酷い悪寒で目が覚める。体温を測ると37.5℃。月末は仕事のスケジュールがパンパンになっている状態。「まずいなぁ……」と思いつつ、朝起きたら調子が戻っていることを信じて寝た。

「昼間買い物をしている間は、自覚症状もなにもありませんでした。夜にお酒を飲んで家に帰ってきたあたりから調子が悪くなってきて、一瞬コロナが頭を過りました。というのも、その2日前に、大きな繁華街へ飲みに行っていたからです。寝不足で体調が悪い中、さらに脱水を招くお酒を飲んで……抵抗力も落ちていたんだと思います。職場の上司からも“体調が万全でないなか、繁華街に行くのはやめておけ”と注意されていたのに、その禁を破ってまんまとコロナに罹ってしまったら……考えると怖くなったので、“いつものカゼと同じだ”と何も考えないようにして寝ました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング