北京に住む日本人が見た中国政府のコロナ対応 「未知の事態」への対応は遅すぎるものだった

東洋経済オンライン / 2020年10月5日 10時10分

今年3月の北京の街並みの様子(写真:ロイター/アフロ)

2019年末、武漢ではすでに奇妙な肺炎の存在が確認されていた。しかし、警鐘を鳴らした医師たち、現場で真相をルポしたジャーナリストたちは、共産党によって沈黙させられる。猛烈な危機の拡大とその封じ込めの過程で、何が犠牲になったのか。北京在住のジャーナリスト、宮崎紀秀著『インサイドレポートー中国コロナの真相』を一部抜粋、再構成しお届けする。

赤い提灯や切り絵で飾られた部屋。白いクロスのかかった長いテーブルには、料理の皿が重ならんばかりに並び、野菜や果物を削って作った中国らしい鳳凰や龍が彩りを添えていた。そのテーブルとテーブルの隙間は、朝の駅のような混雑ぶりで、部屋には笑声とおしゃべりが満ちていた。

地元テレビ局の女性記者が、その様子を満面の笑みで実況する。中国政府は、貧困からの脱却を目指している。そんな政治宣伝の文句をデコレーションした料理も紹介された。

時は2020年1月18日。湖北省武漢市の百歩亭という住民区で開かれた万家宴の様子。万家宴とは各家庭が料理を持ち寄る大規模な宴会で、旧暦の新年を迎える際のこの地区の伝統行事。この百歩亭の宴には4万戸が参加したという。完全なお祭りムード。まさかこの5日後に、武漢が都市封鎖されるとは想像できない。

■共産党を呪縛した2つの初期判断

この時、市民が未知のウイルスによる肺炎の発生を知らなかったわけではない。前年末の12月31日、武漢市の衛生当局である衛生健康委員会が、「我が市における肺炎感染症の状況通報」をホームページ上に発表した。これが全世界を恐怖と混乱に陥れた新型コロナウイルス──この時点ではまだ❝原因不明の肺炎❞だったが──に関する中国当局の、そして、もちろん世界でも最初の「正式な発表」だった。

「正式な発表」と言ったのには訳がある。実は前日の12月30日に同委員会は、この原因不明の肺炎に関する内部通知を医療機関宛に出している。確認できたのは「原因不明の肺炎治療を遂行するための緊急通知」と「原因不明の肺炎治療状況の申告に関する緊急通知」の2種類。前者は、病院の上層部への意識強化、院内感染の予防など治療手続きの確認、治療状況などの集計の同委員会への申告などを指示していた。

後者は同日午後4時までに最近1週間の類似した症例の統計の報告を求めるものだった。前者の通知の文面の最後には、「無断で関連の情報を外に出してはいけない」と釘を刺す口止めの一文があった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング