臨月にコロナ感染した彼女の壮絶な出産体験記 まさかの事態に病院は特別態勢を組み対応した

東洋経済オンライン / 2020年10月7日 18時20分

すでに妊娠・出産を控える夫婦だけでなく、将来的に計画している夫婦や関係者にとってもひとごとではない話だ(写真はイメージ、写真:Mills/PIXTA)

9月16日、日本産婦人科医会は、全国の分娩取り扱い施設における新型コロナ感染症についての実態調査をとりまとめて発表した。それによると、2020年1月から6月末までの6カ月間に、全国で少なくとも72人の妊婦が新型コロナ感染症に感染していたことがわかった。

■妊婦72人のうち12人がコロナ感染中に出産

そのうち、感染している間に出産になってしまった母親は、12人いた。妊婦の全国的な感染状況が明らかになったのは、これが初めて。

感染している間の出産とは、どんな体験なのだろうか。

関西在住のMさん(仮名)は、手洗いや消毒などのコロナ対策をぬかりなく実践し、そうしながら、2人目の子を胸に抱く日を楽しみに待つ妊婦だった。

前回の出産は、生まれてすぐに子どもを素肌の胸の上に載せ、写真をたくさん撮って、分娩台の上で母乳をあげた。今度も同じクリニックで同じようなお産ができると思っていたのに、新型コロナ感染症はあまりにも突然にMさんの家庭へやってきた。

陣痛がいつ来てもおかしくない「臨月」に感染したMさんは、産科学的には何の問題もなかったにもかかわらず、防護服に身を包んだ大勢の医療者に囲まれながら手術台に上がった。

Mさん自身の重症化を防ぎ、そして新生児、ほかの入院患者、医療者などへの感染リスクを最小限にするため、計画的に人を配置し短時間で終えることができる帝王切開が選ばれたのだった。子どもは、産声だけは衝立の向こうから聞こえてきたが、顔を見ることもなく隔離室に連れていかれた。

家庭にウイルスを持ち込んでしまったのは、夫だった。

「夫は、『一生かけて償います』と言っています」

帝王切開後、コロナ病棟で1人過ごした産後の寂しさを語る妻に、Mさんの夫はそこまで言ったそうだ。

「ひょっとして感染したかも」と夫が感じ始めた日はちょうど週末で、Mさんは仕事が休みだった夫に上の子を託して外出していた。

「そうしたら、外出先へ夫から『何時に帰れるの?』と電話が入って気になったのです」

Mさんが帰宅すると、夫はすでに咳をしていた。身体もだるく、横になって休みたいと言う。そして「実は、前の日から違和感を覚えていた」ということを妻に打ち明けた。

「どうして言ってくれなかったの!」とMさんは思ったが、もう、どうしようもない。

「お互い忙しくて、夫婦の会話が少なくなっていたと思います」

Mさんは、後になってそのことを何度悔やんだかわからない。ただ、今回のこの感染が防げることだったかどうかは、誰も答えることができないだろう。朝は大して気にもならず、息子と遊べるほどだった症状が、急速に悪化してしまったのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング