自衛隊が北極海で「掟破りの単独行動」をした訳 漫画「空母いぶきGREAT GAME」(第1話)

東洋経済オンライン / 2020年10月30日 16時20分

北極海に派遣された護衛艦「しらぬい」が直面した、とんでもない事態とは?

『沈黙の艦隊』などの名作で知られるかわぐちかいじのベストセラーコミック『空母いぶき』。そこで描かれた、中国との尖閣諸島を巡る局地戦から5年後――。

舞台は北極海。調査研究のために派遣された護衛艦「しらぬい」は、何者かに魚雷攻撃を受けた民間調査船「ディオサ号」からのSOSを受信する。

「しらぬい」艦長の蕪木(かぶらぎ)は、咄嗟に武器を使用して民間船を危機から守ったが、正体不明の敵からの攻撃は、「しらぬい」をも対象としてさらにエスカレート。全世界が注視する中、「しらぬい」は民間船を曳航し、安全圏まで送り届けようとする。

新航路のルートとしてロシア、アメリカ、そして日本の思惑が複雑に交錯する北極海で、新たな激戦が始まろうとしていた――。

いったい日本が取るべき道とは?『空母いぶきGREAT GAME』(小学館)より抜粋してご紹介します。

■この場所は・・・?

※漫画『空母いぶきGREAT GAME』(こちらをクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

かわぐち かいじ

八木 勝大

潮 匡人

惠谷 治

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング