「あなたは勘違い系」43歳女性変えた辛辣な一言 新しい家族を自らつかみとった彼女の経緯

東洋経済オンライン / 2020年11月27日 11時0分

対面では婚活が不利だった女性が、得意のネットで婚活を成功させた秘訣とは?(イラスト:堀江篤史)

2年前に結婚して出産したのに、両親にも妹にも報告していない女性がいる。群馬県で暮らしているWebデザイナーの平松真矢さん(仮名、43歳)だ。

「小さい頃からかわいがられるのは妹ばかり。私はいつも邪魔者で怒られ役でした」

ここは東京・有楽町にある老舗のブラッスリー。格安で充実したランチコースを食べられる。筆者と向かい合って座っている真矢さんは華やかなワンピース姿ながらも表情は硬い。よほど悲しく悔しい思い出なのだろう。

■ネットでしか彼氏を作ったことがない

「両親、妹とも仲が悪いので、結婚して家族を作りたいとは思っていませんでした」

生まれた場所で温かい家族に恵まれなくても人生は続く。真矢さんは大学を卒業後にダンスで身を立てることを志し、アルバイトや派遣社員をしながらお金を貯めてニューヨークに渡ったこともある。

ダンスで生計を立てるのは狭き門であり、それなりの人脈も必要となる。人付き合いが苦手だと自覚している真矢さんはダンスの道は諦めて、学生時代から興味のあったネットの世界での仕事を探し始めた。

結果的には、ネットが真矢さんの公私を救うことになる。現在の夫である俊之さん(仮名、42歳)との出会いはマッチングアプリであり、東京から群馬に拠点を移してからもフリーランスのWebデザイナーとして働き続けられているのだ。

「20代の頃から出会い系のサイトを使っていました。夫を含めて、私はネットでしか彼氏を作ったことがありません」

結婚願望がなかった真矢さんだが「ちゃんとした恋人がほしい」という気持ちで婚活ならぬ恋活アプリを利用していた。しかし、36歳になった頃から苦戦し始め、仕方なく婚活に切り替えたと振り返る。

「結婚相談所にも入りました。半年間で同年代の60人ぐらいにお見合いを申し込みましたが、全敗。お見合いすら組めないんです。私に申し込んでくれた2人は容姿がどうしても受け入れられなかったり、病気を抱えていたりで先に進む気にはなれませんでした」

あまりの事態に真矢さんは別の結婚相談所の門をたたき、自分のプロフィールを見てもらった。答えは「あなたは勘違い系」の一言。結婚相談所で人気なのはふんわりとした雰囲気の清楚系美人であり、個性的な容姿と雰囲気が前面に出ている真矢さんは異質なのだという。

「はっきり言われて胸にグサッと来ましたが、そのとおりだなと思いました」

■得意のネットで“クリック営業”婚活を開始

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング